シェア

保冷タオルや塩飴を配布…従業員の熱中症対策で「クーリングブレイク」を制度化する企業も

クーリングブレイク制度/株式会社ベーシック

クーリングブレイク制度/株式会社ベーシック

従業員の健康維持と増進を目的に熱中症対策として「クーリングブレイク」制度を導入したと7月25日、東京都千代田区のIT企業・株式会社ベーシックが発表しました。

真夏日・猛暑日が続く

環境省の「熱中症環境保健マニュアル2018」によると、近年、大都市を中心に真夏日(最高気温30度以上)や猛暑日(最高気温35度以上)の日数は増加傾向に。

また、消防庁の統計によると、6月以降に熱中症の疑いで搬送された人の数はおよそ1万8000人以上にも及び、7月に入ってからはさらにその数が急増しているといいます。

sub1

平成30年 都道府県別熱中症による救急搬送人員数 合計搬送人員数 前年との比較

クーリングブレイクとは

クーリングブレイクとは、サッカー用語で一定の気温に達した場合に設けられる給水時間のこと。

同社は、従業員の健康増進や生命を守るために「クーリングブレイク」を制度化しました。

スポーツ飲料水の配給:常時50本以上のスポーツ飲料水を常温で用意し、営業などのオフィス外での活動に従事する社員が外出の際、1人1日2本まで携帯可能に。

塩飴の配布:発汗後には体内の塩分も失われるため、塩分が含まれている飴を社内各所に設置し、定期的に補給できる環境に。身体の機能低下を予防します。

保冷タオルの配布:首に巻くタイプの保冷タオルをセールス職の従業員に配布します。首には動脈などの太い血管が流れているため、冷えたタオルを巻くことで、上昇した体温を効率的に下げる効果が期待できます。

ウォーターサーバーの提供:各フロアにウォーターサーバーを設置し、全従業員が自由に摂取できます。

高温注意情報の社内速報:気象庁による「高温注意情報」が発表された際に、従業員用のチャットで情報を即時に通達、注意喚起を促します。

熱中症 予防・対処法の啓発:環境省による熱中症の予防・対処法が記載されたリーフレットを全従業員に配布し、熱中症に対する知識の提供と健康意識の向上を図ります。

―――

同社は、従業員への健康投資を行うことは、生産性や活力の向上などの組織の活性化につながるとしています。

連日、記録的な猛暑の日が続きます。各個人が熱中症対策をすることはもちろん、組織の管理者も気を配ることが重要です。

Posted: |Updated:

Text by 後藤みき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング