シェア

夏におすすめのアロマ活用法を日本アロマ環境協会に聞いてみた

イメージ/fotolia

イメージ/fotolia

リラックス効果やリフレッシュ効果のあるアロマですが、夏にはどのような楽しみ方ができるのでしょうか。

夏におすすめのアロマの活用法を、公益社団法人 日本アロマ環境協会の広報担当者にうかがいました。

ペパーミント

ペパーミント精油には、体感温度を4度下げるという実験結果があります。

提供:公益社団法人 日本アロマ環境協会

提供:公益社団法人 日本アロマ環境協会

活用法

ハンカチの隅に1滴含ませて、外出時などに暑くてつらいときに香りをかぐと、すっきり爽やかな気分に。

また、扇風機やエアコンの送風口にペパーミント精油を含ませたリボンを結ぶと、涼やかな空気になります。

ただ、皮膚刺激があるので、肌や粘膜につかないよう注意してください。

ティートリー

ティートリー精油は、水虫の原因菌を抑える作用が実験で確認されています。

提供:公益社団法人 日本アロマ環境協会

提供:公益社団法人 日本アロマ環境協会

活用法

ミルで細かくした重曹(医薬品グレード)大さじ2とコーンスターチ大さじ3に、ティートリー精油を5~10滴ほど加えてよく混ぜたら、アロマフットパウダーの出来上がりです。

お出かけ前に足指中心にパフなどでつければ、ムレやニオイが気になる夏の足をすっきり保ちます。

ユズ

ユズ精油の香りで、疲労感の軽減や活気の上昇が見られた実験結果があります。

また、ストレスが減り、緊張がやわらぐという結果もあります。

yuzu

イメージ/Fotolia

活用法

夏バテかな、と感じたら、就寝前にコットンにユズ精油を2滴ほど含ませ、枕元に。

さわやかで親しみのある柑橘の香りとともにぐっすり眠れば、翌朝はすっきり元気になっているはずです。

ローズマリー

ローズマリー精油には、頭皮の血行を促す作用があるといわれています。

ローズマリー

提供:公益社団法人 日本アロマ環境協会

活用法

汗や皮脂の分泌が増え、頭皮の汚れやにおいが気になる夏は、アロマクレイパックの頭皮クレンジングがおすすめです。

クレイ大さじ3に水大さじ1、ホホバ油小さじ1/2にローズマリー精油4滴をよく混ぜたら、シャンプー前の頭皮になじませて5~10分おいて洗い流すだけ。その後はいつもどおりシャンプーをしてください。

ディフューザーを使うほかにも、アロマには様々な楽しみ方がありました。

ハンカチに含ませるなどは、オフィスでも実践しやすいですね。

どれも簡単なのでぜひ試してみてください。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 後藤みき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング