シェア

「トイレ革命は日本革命!」最も総理大臣に近い若者を決める政策コン「未来国会2018」決勝開催へ

出典元:NPO法人ドットジェイピープレスリリース

出典元:NPO法人ドットジェイピープレスリリース

若年投票率の向上を目指す日本最大の学生団体・NPO法人ドットジェイピーが9月15日、東京・西新宿で政策コンテスト「未来国会2018」決勝大会を開催します。

日本最大の政策コンテスト

「未来国会2018」は、10代~20代の若者約400名、136チームが出場する若者による日本最大の政策コンテストです。

若者約400名と国会議員他の前で、30年後の日本のビジョンや10年後の政策・国家予算をプレゼンテーションし、「今、最も総理大臣に近い若者」を決定します。

茨城県「奨学金なんか踏み倒せ!」

決勝大会には、10カ所での地方大会、総投票数約2000票のネット予選を経て、山形、茨城、東京、岡山からの4チームが進出しました。

茨城県の「大小うらら!」は、「自分の人生に失望せず、自己実現が可能な社会」を30年後の理想像としています。

学費を必要とする学生を対象にした無利子かつ贈与型の奨学金「給付型奨学金」や、学年区分を「9・2・5」制にして体験型学習や進路選択の時間を十分に確保する、といった政策を掲げています。

東京都「トイレ革命は日本の革命!」

東京都の「チーム枝豆」は、女子トイレの改革がもたらす経済効果をビジョンとし、「トイレ革命は日本の革命!」という主張を論理的に展開しています。

30年後の理想像として、「トイレの行列をなくし、待つ時間を一切作り出さない」「誰もが安心して使えるトイレを目指す」などを掲げています。

優勝チームは、大会当日観覧者のインターネット投票により決定します。

【未来国会2018 決勝大会】
日時:9月15日(土)13:00〜16:10
開催地:東京都新宿区西新宿2-4-1 NSビル30階

Posted: |Updated:

Text by 後藤みき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング