シェア

料理下手に吉報!アレクサに“食材の冷凍保存法の解説スキル”が登場

出典:旭化成ホームプロダクツ株式会社プレスリリース

出典:旭化成ホームプロダクツ株式会社プレスリリース

旭化成ホームプロダクツ株式会社は9月25日、スマートスピーカー用AIアシスタント「Amazon Alexa(アレクサ)」に対応したスキル「サランラップ(R)・ジップロック(R)の冷凍保存テクニック」の提供を開始すると発表しました。

冷凍保存方法を音声で検索

アレクサは、人工知能による音声認識サービスです。スピーカーに向かって「アレクサ」と話しかけるだけで操作が簡単にできます。

今回の冷凍保存スキルの追加により、手が空きにくいキッチンでも音声だけでさまざまな食材の冷凍保存方法を検索することが可能です。

キャベツやおくら、唐揚げといった全82種類の食材の保存法を下処理から詳しく解説します。

例えば「アレクサ、ジャガイモの冷凍保存は?」と、スマートスピーカーに向かって問いかけると、「ジャガイモは塊のまま冷凍すると食感が悪くなるので、まず茹でてつぶしてから、マッシュポテトの状態にします。その後に、サランラップで小分けにして包み、ジップロックフリーザーバッグに入れて冷凍保存します」と回答するそうです。

解凍方法や複雑な情報については、アレクサアプリに情報を飛ばしてくれるそうです。

sub1

出典:旭化成ホームプロダクツ株式会社プレスリリース

同社は正しい冷凍保存方法を知ることで、食材ロスへの身近な対策にもなるとしています。

Posted: |Updated:

Text by 後藤みき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング