シェア

発信機を内蔵した「点字ブロック」で視覚障害者の外出をサポートする仕組みを実現へ、協力企業や自治体を募集中

出典:一般社団法人PLAYERSプレスリリース

出典:一般社団法人PLAYERSプレスリリース

一般社団法人PLAYERSと株式会社WHITEは、視覚障害者の外出を「声」で支援するサービス「VIBLO by &HAND(ヴィブロ・バイ・アンドハンド)」のプロトタイプを共同開発しました。

視覚障害者を「声」でサポート

このサービスは、視覚障害者が一人でも安心して外出でき、より自分らしく豊かな生活を送れるようになることを目指したサービスです。

点字ブロックに発信機を内蔵した「VIBLO BLOCK(ヴィブロ・ブロック)」、スマートスピーカーのClova、LINEアプリ、ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo」を活用し、視覚障害者の移動を「声」でサポートします。

目的地までを音声で案内

使い方は、まずClovaにて「VIBLOでお出かけ」を立ち上げ目的地を設定すると、出発地から目的地までにあるVIBLO BLOCKにルート情報が反映されます。

Xperia Ear Duoを装着して目的地に進みVIBLO BLOCKに近づくと、ルート情報を受け取ったLINEが、目的地までの道順案内をLINEメッセージと音声で伝えます。

sub2

出典:一般社団法人PLAYERSプレスリリース

オープンイヤータイプのXperia Ear Duoを利用するため、周辺の音を遮断せずに音声を聞き取れるそうです。

名称未設定 1

出典:一般社団法人PLAYERSプレスリリース

出発地から送り出した際や目的地で到着を待つ際に、家族や友人など視覚障害者を支援する人がClovaに呼びかけ、現在地を問い合わせることも可能。

万が一、視覚障害者がルートを外れてしまった時やトラブルが起きた際には、LINEのビデオ通話機能とスムーズに連携し、サポートすることもできるそうです。

両社はサービスの実現に向けて、実証実験に協力してくれる自治体や企業、団体などを募集していくとしています。詳しくは公式サイトで案内しています。

Posted: |Updated:

Text by 後藤みき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング