シェア

カゴメがこども食堂を支援へ。Twitter投稿1件につき野菜飲料1本を寄付。ハッシュタグは「#野菜の日」「#こども食堂を応援したい」

イメージ画像/AdobeStock

イメージ画像/AdobeStock

カゴメ株式会社(愛知県名古屋市)は8月1日、NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえと共同で、こども食堂の支援を開始した。

同社はこれまでも、野菜をより身近に、より手軽に摂取できる商品やメニューレシピの開発、また野菜摂取の重要性に関する情報発信に努めて活動してきた。

2017年に「ニッポンの野菜不足をゼロにする」を目標に掲げ、食育ミュージカル「カゴメ劇場」に子供を招待したり、野菜飲料を用いた野菜が好きになる授業の開催など、子供を対象にしたカゴメならではの食育活動も積極的に行っている。

こども食堂への理解促進と野菜摂取を支援

「こども食堂」は、子供が食事ができる無料または低額の全国各地で運営されている食堂のことで、子供だけに限らず大人も一緒に食事ができる。

孤食の解消、地域交流の場づくりなど食育として様々な役割を担っているが、周知が不足しており、その社会的価値が十分に理解されていないのが現状という。

これを踏まえ、「もっとこども食堂を当たり前の存在にしたい。こども食堂の支援を通じて、誰も取りこぼさない社会をつくる。」というむすびえの想いに共感し、こども食堂が抱える課題解決に向け、協力することを決めた。

支援開始にあたり、Twitterを活用し情報発信施策と野菜飲料の寄付を行う。

同社は発表で、「むすびえのご協力のもと、こども食堂についてより多くの人々に知ってもらうための情報発信や、こども食堂に集まる方々の健康的な食生活に役立てていただける当社商品やコンテンツの提供を通じて、こども食堂の支援を長期的に行ってまいります。」と語っている。

【2019年度 こども食堂への支援活動詳細】
Twitter上で「#野菜の日」「#こども食堂を応援したい」を含むツイート1件につき、カゴメから「野菜生活100」(200ミリリットル)を1本、全国のこども食堂に寄付。

対象期間:2019年8月1日から8月31日(野菜の日)
集計結果発表日:9月3日 10:00
寄付先:全国のこども食堂(9月上旬より「むすびえ」を通じて寄付先を募集)
寄付品発送期間:9月下旬~10月31日頃

 NPO法人 全国こども食道支援センター むすびえ(https://musubie.org/

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by mog

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング