シェア

TikTokで若者に乳がんチェックを啓発へ。横浜市が若年層への医療広報で連携

出典元:Bytedance株式会社プレスリリース

出典元:Bytedance株式会社プレスリリース

横浜市医療局は8月9日、ショートムービープラットフォームTikTok(ティックトック)と連携協定を締結し、若年層から知っておいてもらいたい情報に自然とつなげる、ダンスを用いた医療広報に取り組むと発表した。

TikTokと自治体の連携協定は全国初

出典元:横浜市医療局プレスリリース

出典元:横浜市医療局プレスリリース

この取り組みは、医療を「他人ごと」ではなく自分自身のことと捉えてもらい、民間企業等との連携による手法で医療広報を実施する「医療の視点」プロジェクトによるもので、TikTokと自治体との連携協定締結は医療分野に限らず、全国で初めてとなる。

TikTokはモバイル向けビデオに最適なアプリで、国内約1000万人が利用するプラットフォーム。利用者の9割近くがコメントやシェアなどのアクションをしたことがあるなど、ユーザーの積極性が高い。

「自分ごと化」を「共感」といったユーザー体験により自然な形で促す点が同市の目指すところと一致するとして、締結に至ったという。

出典元:横浜市医療局プレスリリース

出典元:横浜市医療局プレスリリース

第1弾は乳がん月間に合わせた医療広報

2019年度の実施予定として、第1弾は毎年10月の乳がん月間に合わせて乳がんのセルフチェックや早期受診をダンスを用いて若年層に伝える。

オリジナル楽曲・ダンスの制作や有名TikTokerとのコラボなど、随時情報を公開していくという。

横浜市「医療の視点」:https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/iryo/iryonoshiten/iryonoshiten.html

Posted: |Updated:

Text by mog

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング