シェア

痴漢に遭った場所と時間を登録!「痴漢レーダー」で抑止、LINEで友達登録するだけ

出典元:株式会社キュカプレスリリース

出典元:株式会社キュカプレスリリース

日本の社会問題である「痴漢」への対策として、株式会社キュカ(東京都中央区)は8月1日から、痴漢レーダーを公開している。

スマートフォンから簡単に痴漢被害の情報と場所、時間などを登録して共有することができるサービスで、公開以降多くの反響を呼び、痴漢撲滅に向けてさまざまな機能を追加し続けているという。

出典元:株式会社キュカプレスリリース

出典元:株式会社キュカプレスリリース

泣き寝入りの多い痴漢被害状況を共有できる

同社の独自調査によれば、痴漢被害者の通報割合はわずか1割で、9割の被害者は泣き寝入りしてしまっているのが現状という。

通報しない理由としては、ショックで立ち直るのに時間がかかった、恥ずかしかった、遅刻するから、周りに迷惑だからなど多様で、諦めとも思える理由も目立つ。

さまざまな理由で通報できず泣き寝入りしてしまうことの多い痴漢被害だが、このサービス利用すれば簡単に被害状況を登録することができる。

データ化して警察や鉄道会社などに共有することで、防犯に向け働きかけていくことが可能になる。

被害に遭ったとき、見かけたとき、すぐ情報登録

出典元:株式会社キュカプレスリリース

出典元:株式会社キュカプレスリリース

使用方法は簡単で、LINEで友達登録するだけで登録が完了。

被害状況は地図上ですぐ確認でき、痴漢被害に遭ったときや、見かけたときにも簡単に被害状況を登録することができる。被害発生直後にすぐ登録できなくても、自分で駅名を入力し登録することも可能だ。

公開後のアンケートから、盗撮やつきまとい、露出、不快行為など具体的に選択できるようになり、マップ上で被害件数を表示するだけでなく、個別の被害発生状況も表示するように対応した。

これまで泣き寝入りしてしまっている被害者や、痴漢被害に気付いた人など、このサービスを利用する人が増えていけば、痴漢撲滅への1歩に近づくかもしれない。

痴漢レーダー:https://chikanradar.qccca.com/

Posted: |Updated:

Text by mog

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング