シェア

ガス発電機などの防災機器を無料提供する「でんきの避難所」サービスが登場

出典元:一般財団法人大吉財団プレスリリース

出典元:一般財団法人大吉財団プレスリリース

災害支援に取り組む一般財団法人大吉財団(兵庫県神戸市)は9月6日、公民館等の地域防災拠点を対象に、防災機器を無料で提供する支援事業「でんきの避難所」を開始した。

地域住民が情報から孤立することを防ぐ目的で、2019年度中は大阪府および兵庫県と岡山県の一部でのみ実施する。

8つの防災機器を無償提供

出典元:一般財団法人大吉財団プレスリリース

出典元:一般財団法人大吉財団プレスリリース

同事業では、「太陽光発電設備」「ガス発電機」「ポータブルバッテリー」「スマホ充電ボックス」「非常用トイレ」など8つの防災機器を無料提供する。

数時間程度の停電であれば少し我慢すれば乗り切ることができるが、電柱が倒れるなどの原因で停電が長期化すると、スマートフォンはじめとした情報通信機器の電池切れにより、様々な不便が発生してしまう。

そういった停電の際にも、誰でも気軽に手持ちの電子機器を充電しに行くことができ、一定の電気インフラの確保が可能になる。

出典元:一般財団法人大吉財団プレスリリース

出典元:一般財団法人大吉財団プレスリリース

もっと行きやすい避難所を目指す

災害が発生すると各地で避難所が開設され、多くの地域住民が避難するが、一方で「避難所に行くほどでもない」「行きたくない」などといった意見も多い。

2018年の地震や台風で長期停電が起きた際には、「テレビが見られない」「スマートフォンが使えない」などといった情報の孤立を訴える世帯が多数発生した。

このような被害を軽減する方法の1つとして、公民館など集会所の電気インフラの確保が重要と考え、同事業の計画・実施に至ったという。

同財団はこれからも、実際の被災現場で活動した知見とビジネスのノウハウを活用し、新しい災害支援を行っていくとしている。

申込み・問い合わせなどは公式サイトから。

でんきの避難所:http://denki-hinan.com/

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by mog

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング