シェア

TDL新エリア「ニューファンタジーランド」2020年4月15日にグランドオープンへ!総投資額750億円、史上最大の開発

(c)Disney/オリエンタルランドプレスリリース

(c)Disney/オリエンタルランドプレスリリース

東京ディズニーランドを運営する株式会社オリエンタルランド(千葉県浦安市)は9月19日、2020年春にニューファンタジーランドをグランドオープンすると発表した。

ディズニーランド史上最大の開発

2017年4月に工事着手し、約3年後の2020年4月15日にグランドオープンが決定。総投資額約750億円をかけた東京ディズニーランド史上最大の開発だという。

ファンタジーランドを拡張してディズニー映画「美女と野獣」をテーマにした大型アトラクションや、屋内シアターなどがオープン。さらに、トゥモローランドやトゥーンタウンにも新施設が同時にオープンする。

(c)Disney/オリエンタルランドプレスリリース

(c)Disney/オリエンタルランドプレスリリース

まるで映画の中に入り込んだような感覚に

新エリアでは、入り口に映画「美女と野獣」のヒロイン・ベルの父のモーリスコテージのファストパス発券所が。その先には、まるで映画の中に入り込んだようなレストランやショップ、噴水などが建ち並ぶ。

新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」では、映画の名曲に合わせて踊るように動くライドに乗ってロマンティックな名シーンをめぐる。

(c)Disney/オリエンタルランドプレスリリース

(c)Disney/オリエンタルランドプレスリリース

美女と野獣のゾーンを抜け更に奥に進むと、本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」にたどり着く。このシアターでは、人気のディズニーキャラクターたちのライブパフォーマンスを楽しむことができる。

他にも、ベイマックスのアトラクションが楽しめるトゥモローランド、ミニーマウスと会えるトゥーンタウンのキャラクターグリーティング施設などが新設される。

同社は発表で「新たな魔法をゲストにかけ、皆さまがさらなる夢のようなひとときをお過ごしいただけることをお約束いたします。2020年4月15日に開幕する、東京ディズニーランドの新たなステージにどうぞご期待ください。」とコメントしている。

Posted: |Updated:

Text by mog

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング