シェア

利益を全額寄付!タミヤの熊本応援「くまモンミニ四駆」に賞賛の声

gnoparus/Shutterstock.com

gnoparus/Shutterstock.com

運転席に「くまモン」が乗ったミニ四駆が発売された。

くまモンが乗った特別企画商品

模型メーカーの「タミヤ」は11日、熊本を応援する特別企画商品「がんばれ!熊本ミニ四駆(くまモン版)」を発売した。

この特別企画商品の利益は全額、熊本県に寄付するという。

レースにも対応できる本格仕様

「がんばれ!熊本ミニ四駆」は、運転席にくまモン人形が乗ったスペシャル仕様。くまモンが良く見えるようにボディは透明となっている。

ボディにはミニ四駆レースで人気のライキリが使われており、ストレートの多いハイスピードコースに適したダブルシャフトモーターや低摩擦樹脂ローラ、リヤスキッドバーを装備。

駆動効率を追求したMAシャーシを採用し、小さめのコースから大型の公認競技会まで幅広く対応できる。

「ミニ四駆で熊本を応援する」と宣言

4月に発生した熊本地震で、熊本県や大分県などは甚大な被害を受けた。熊本空港の国内線が全便運航を再開するなど少しづつ復興に向かっているが、地震の爪痕はまだまだ大きい。

タミヤは特別企画の「がんばれ!熊本ミニ四駆」発売について、こうコメントしている。

自社製品のミニ四駆で熊本を応援すると述べた。

「ミニ四駆を33年ぶりに買った」という人も

利益が全額寄付される「熊本応援ミニ四駆」の発売は注目を集め、ネット上には熊本を応援する声やタミヤの試みに賛同するが続々とよせられている。

ミニ四駆ファンはもとより、普段はミニ四駆に詳しくないという人からも「購入した」「欲しい」という声が。「少しでも復興の助けになれば…」と33年ぶりミニ四駆を買ったという人もいた。

早速“くまモンレース”が開催

「がんばれ!熊本ミニ四駆」の発売を受けて発売翌日となる12日、姫路で急遽「くまもんレース」が開催された。

くまもんミニ四駆がずらりと並ぶ姿は壮観。

かなりのスピードでコース上を疾走するくまモンミニ四駆。

同イベントの開催者からも「姫路より早期の熊本地震復興を応援しております!」と応援のコメントが投稿されていた。

Posted: |Updated:

Text by

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking