シェア

嵐のチケット”転売”で逮捕!ネット上には「違法なの?」と疑問の声も

fotolia

fotolia

「嵐」のコンサートチケットを転売した女が逮捕された。

1年半で約1千万円を売り上げ

アイドルグループ「嵐」のコンサートチケットをネット上で転売した25歳の女が古物営業法違反(無許可営業)の疑いで逮捕された。

古物商の許可を得ずに、昨年11~12月に嵐のチケット5枚を札幌市の女性らに定価の約1.6倍で転売。

女は2014年10月から今年4月にかけて約300枚のチケットを転売しており、約1千万円を売り上げていたという。

「転売」が社会問題

近年、チケットの高額転売が社会問題となっており、顔認証の導入など取り締まりが強化されつつある。

先月には日本音楽制作者連盟などが「チケットの高額転売に反対します」という声明を発表。

「転売NO」HP

転売NO」HP

「嵐」や「Mr.Children」、「氣志團」など多くの賛同アーティストが名を連ね話題となった。

ネット上に反響が殺到

高額転売でついに逮捕者が出たことを受けて、ネット上には反響が殺到。

「逮捕されて当然」「これを機に対策を強化してほしい」という声がある一方で、「なんで転売で逮捕されるの?」という疑問の声もよせられていた。

「転売目的」の売買には許可が必要

ネット上のオークションサイトを見てみると、「嵐」のコンサートチケットは多数出品されており、1枚8万円など高い値段で出されているものもある。

なぜ、数いる出品者の中でこの女が逮捕されたのだろうか?

警視庁のHPによると、自分が使うために買ったが未使用の物を売る場合は古物商許可はいらないが、最初から転売目的で商品として買い取って売るには「古物商」の許可が必要だという。

女がこれまでにも転売を繰り返していたことなどから逮捕に至ったと考えられる。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング