シェア

好きな時間に「ラジオ」を聴けるように!来月から実証実験スタート

fotolia

fotolia

「ラジオ」を好きな時間に楽しめるようになる。

過去1週間のラジオを好きな時間に聴ける

日本民間放送連盟とラジオのネット配信を手掛ける「ラジコ」は26日、「タイムフリー機能」と「シェアラジオ」の実証実験を始めると発表した。

聞き逃してしまった番組や時間が合わずに聞けなかった番組、放送後に話題となった番組などを過去1週間に限り、後から聴けるようになる。

10月11日から実証実験

タイムフリー聴取機能の実証実験は、10月11日(火)のお昼12時頃からスタート。

実証実験で利用者数の把握やサーバー負荷、コンテンツの利用、拡がりや課題などを抽出し、本番運用への移行を検討するという。

ラジオ放送を「シェア」できるように

また、番組聴取画面にシェアボタンを設置し、お気に入りの番組などをSNSでシェア・お知らせする「シェアラジオ」の実証実験も実施。

10月11日~17日の1週間、シェアラジオ特別番組として全国のラジオ局で「宇多田ヒカルのファントム・アワー」を放送する。

ラジオの「利用拡大」を狙う

好きな時間にラジオを聴けるようにすることで、利用者を拡大する狙いだ。

総務省が主なメディアの利用状況を調べたところ、ラジオ行為者率は平日・休日共に10%未満。

「総務省」資料

総務省」資料

視聴時間も他のメディアに比べて短い。

厳しい経営状況

また、広告費の減少などにより、民間ラジオの経営は厳しい状況に。

「総務省」資料

総務省」資料

AM単営社の売上高は平成5年度の約半分に、FMも約7割程度に減少している。

1人で楽しむ→共有するものへ

民放連ラジオ委員会は、若年層にラジオをアピールしてリスナーを拡大するためには、ラジオを「1人で楽しむ」ものから「共有しながら楽しむ」ものにする必要があるとして「シェアラジオ」を提唱。

好きな時間に自由に視聴できる「タイムフリー聴取機能」を導入することで、ラジオ業界のさらなる発展を目指すとしている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング