シェア

何これ、美味しそう!江戸時代の料理本がレシピ化され、クックパッドで公開

「国立情報学研究所」NEWS RELEASE

「国立情報学研究所」NEWS RELEASE

クックパッドで「江戸時代のレシピ」が公開された。

「江戸時代の料理レシピ」5点が公開

レシピ投稿・検索サイト「クックパッド」に24日、国立情報学研究所と国文学研究資料館が江戸時代の料理本の内容を現代語訳して編集したレシピが公開された。

公開されたのは寒天と黒砂糖、卵で作る江戸のスイーツ「甘さスッキリ冷卵羊羹」やレンコンに薄焼き卵を巻いた「源氏卵」など5点。

江戸時代の原典を現代語訳にしてレシピ化

国立学研究所などは今月10日に、国が所蔵する江戸時代の料理本「万宝料理秘密箱」などのデータを公開していた。

しかし、古典籍の料理本はくずし字で書かれていることや、当時の文化への知識が必要となるため、それを元に江戸料理を作るのは至難の業。

そこで、江戸時代の料理本を現代のレシピ形式に整備して公開することにしたという。

江戸時代の料理本を翻訳

レシピ化するにあたって、まず「くずし字」で書かれている料理手順を電子テキスト化。

「国立情報学研究所」NEWS RELEASE

国立情報学研究所」NEWS RELEASE

「国立情報学研究所」NEWS RELEASE

国立情報学研究所」NEWS RELEASE

これを現代語に訳した後、現代と異なる食材の名称や書かれていない分量、入手困難な道具などを専門家と協力して現代の人々でも利用できるレシピに。

例えば入手しづらい「葛粉」を「片栗粉」に変えたり、「卵1個」を「卵5個」にするなど現代の生活に合った分量に変え、レシピ通りに作れば誰でも江戸時代の料理を作ることができるようにした。

ネット上には「江戸が近づいた」と感動する声

江戸時代の料理が現代レシピ化されたことを受けて、ネット上には反響が続々。

他にも「興味深い」「江戸がまた一歩近づいた」「おいしそう!」「今日のご飯はこれで決まり」など、さまざまな反響がよせられている。

現代レシピ化されていない料理もぜひチャレンジを

クックパッドにはまた「長崎卵飛龍頭」や「糟漬卵」など、江戸時代の料理方法を現代語訳までした状態のレシピも15点公開。

現代レシピ化されておらず、調味料の分量も「少なめ」「少々」「適量」など詳しく記載されていないが、「ぜひチャレンジしてください!」と呼びかけている。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking