シェア

日本人は世界一の「ひとり旅好き」と判明!3人に1人が「好き」と回答

fotolia

fotolia

日本人が世界屈指の「ひとり旅」好きだと分かった。

日本人の3人に1人が「ひとり旅」好き

総合旅行サイトの「エクスペディア・ジャパン」は15日、世界の有給休暇に関する比較調査の結果を発表した。

世界28ヶ国の9424名を対象に「ひとり旅は好き?」と聞いたところ、日本人は約3人に1人が「好き」と回答。

「エクスペディア」プレスリリース

エクスペディア」プレスリリース

日本人は世界屈指の「ひとり旅好き」のようだ。

「ひとり旅」が20年間で倍に

日本では年々、ひとり旅の人気が高まっている。

日帰りでひとり旅をした20代の割合は1991年には7.9%だったが、2011年には13.1%に上昇。

「国土交通省」資料

国土交通省」資料

ひとり宿泊観光旅行をしたという20代の割合も、1991年から2011年までの20年間で倍増。

「国土交通省」資料

国土交通省」資料

特に男性はひとり旅をする人が多く、20代男性のおよそ27%が国内ひとり旅を経験。20~50代男性の19.4%~28.8%が海外ひとり旅をしている。

「ひとり旅」プランが続々と登場

人気を受けて、旅行会社や観光地などが続々と「ひとり旅プラン」を打ち出している。国土交通省北海道運輸局による「ひとり旅支援サイト」なんていうHPも。

今や「ひとり旅」は当たり前のことになっている。

休みの取り方が関係?

なぜ日本人はこんなにもひとり旅が好きなのだろうか?

理由には、日本人の休みの取り方が関係しているようだ。エクスペディアの調査によると、日本人の有給消化率は世界ワースト。

「エクスペディア」プレスリリース

エクスペディア」プレスリリース

欧米などでは有給をまとめて取得して長期休暇を楽しむ人が多いのに対し、日本は「短い休暇を複数回取る」という人が半数以上。

「エクスペディア」プレスリリース

エクスペディア」プレスリリース

さらに、日本人の59%が有休の取得に罪悪感を感じているという。

家族や友人と休みを合わせるのが難しく、結果として「ひとり旅」を繰り返しているかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング