シェア

「個人型確定拠出年金」ってどのくらいお得?控除額をざっくりチェック

fotolia

fotolia

今年1月から「個人型確定拠出年金」の対象者が大幅に広がった。

専業主婦や公務員も利用OKに

2017年1月1日から60歳未満のすべての人が「個人型確定拠出年金(iDeCo)」を利用できるようになった。

働き方の多様化に合わせて老後に向けた自助努力を可能とするため、主婦や企業年金がある会社勤めのサラリーマン、公務員でも利用できるようになった。

掛金が全額控除!運用益も非課税!

個人型確定拠出年金とは、月々の掛け金を積み立てて運用し、60歳以降に年金・一時金として受け取る老後資金を貯めるための制度。

「掛金が全額所得控除」「運用益が非課税」「受け取る時にも“公的年金等控除”か“退職所得控除”が適用」されるなど、大きな税制優遇が受けられる。

どれくらい税が軽くなる?

どれくらい税負担が軽くなるかは、個人型確定拠出年金ナビ(iDeCoナビ)でざっくりシミュレーションすることができる。

例えば、年収400万円の30歳が月2万円を60歳まで積み立てた場合。

所得控除による節税額は累計144万円になる計算だ。

掛け金は月5000円から。公務員は月1万2000円まで、専業主婦(夫)は月2万3000円までなど上限が設定されている。

「投資リスク」や「手数料」などに注意

大きな税制優遇を受けられる個人型確定拠出年金だが、気を付けたほうがいい点もあるようだ。

厚生労働省によると、確定拠出年金には「投資リスク」や「受け取る年金額が事前に確定しない」「運用に一定の知識が必要」「運用が不調であれば年金額が減る」「原則60歳まで途中引き出しができない」「勤続期間3年未満の場合、資産が持ち運べない恐れ」「管理コストが高くなりやすい」といったデメリットがあるとか。

個人型確定拠出年金を始める場合、加入時に資格を確認するための費用(2777円)がかかる他、口座管理料等で年間約2000円~8000円かかる。

Posted: |Updated:

Text by

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking