シェア

360年の歴史を絶やさない!糸魚川大火で全焼した「加賀の井酒造」の生産再開が決定

fotolia

fotolia

糸魚川市の火災で全焼した「加賀の井酒造」が生産を再開することが分かり、喜びと応援の声が広がっている。

富山で一部生産を再開へ

昨年12月に新潟県糸魚川市で大規模な火災が発生し、社屋が全焼した「加賀の井酒造」が生産を一部再開することが分かった。

富山県黒部市の酒造会社「銀盤酒造」の設備を借りて、2月下旬から予約分の生産をスタート。5月下旬の出荷を目指しているという。

360年超の歴史を持つ老舗酒造

加賀の井酒造は1650年(慶安3年)に初代小林九郎左ェ門が酒屋を譲り受けて酒造りを始めた、360年の歴史を持つ老舗の酒造会社。

酒銘「加賀の井」は1652年に家内に加賀藩本陣が置かれた際に前田利常公から命名されたという由緒を持ち、清酒鑑鑑評会で何度も優秀賞を獲得するなど高く評価されている。

糸魚川の火災で全焼

しかし、昨年12月に糸魚川市で火災が発生。強風で火はまたたくまに広がり140棟を超える建物が焼損し、加賀の井酒造の社屋も全焼。

「内閣府」資料

内閣府」資料

加賀の井酒造の田中文悟社長は「蔵は全焼しましたが、蔵人は全員無事です。必ず再建します!」というメッセージを出していた。

全国から応援の声

長年にわたって多くの人々に親しまれてきた加賀の井酒造が全焼したことを受けて、全国から応援の声が続々。

「飲んで応援しよう」と同酒造の酒をまとめ買いする人も相次ぎ、表参道にある新潟県のアンテナショップでは12月、年末に備えて用意した300本が1日で完売した。

富山の酒造会社が支援を表明

そんな中、加賀の井酒造の田中文悟社長が社長を兼務する富山県黒部市の銀盤酒造が今月5日に「大規模火災で被害を受けた加賀の井酒造を支援いたします」と表明。

加賀の井酒造で酒造りが再開できるようになるまで同社の従業員を受け入れる他、新潟に人を派遣してガレキ撤去など再建に向けて協力。

また、加賀の井酒造は県産の酒米や使っていた酵母などを銀盤酒造に持ち込み、設備を借りて1升瓶1000本弱の酒を仕込む計画だという。

ネット上に「良かった」「頑張って」という声が続々

加賀の井酒造が酒づくりを再開するという報道を受けて、ネット上には喜び応援する声が続々。

他にも「これは嬉しい」「良かった」「何とか復活してほしい」「ぜひとも頑張ってほしい」「応援したい」という声が寄せられている。

Posted: |Updated:

Text by

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking