シェア

ネット上には未だ求人募集が掲載…「東芝」の経営危機に注目が集まる

flickr_DigitPedia Gadgets

flickr_DigitPedia Gadgets

 

 

東芝が東証2部に降格する見通しとなり、世間を賑わせている。

東芝、東証2部に降格の見通し

東芝が深刻な経営難に陥っている。

東芝が14日に発表した資料によると原子力事業で7000億円を超える損失を計上し、対策を講じなければ2017年3月末の株主資本が1500億円のマイナスとなる見通し。

「東芝」資料

東芝」資料

東証1部から東証2部に降格する可能性が高いと、各メディアが報じている。

会長が辞任、株価は大幅下落

東芝では損失計上の経営責任として、代表執行役会長の志賀重範氏が2月15日付で辞任。また、代表執行役社長や原子力事業部長、執行役員の報酬返上率も引き上げられる。

経営再建に不透明さが増したことを受けて、東芝の株価は大幅に下落。

200円割れが目前に迫っている。

ネット上に「サザエさん」を心配する声

東芝が深刻な経営危機に陥っていることを受けて、ネット上には反響が殺到。

日本を代表する名門企業「東芝」の危機を嘆く声と共に、東芝がスポンサーをしている「サザエさん」の今後を心配する声が複数投稿されている。

東芝社長、昨年「スポンサーは継続したい」と会見

東芝は1969年から48年に渡って、日本の国民的アニメ「サザエさん」のスポンサーを続けてきた。

産経新聞によると、東芝の社長は昨年3月の記者会見でサザエさんのスポンサーについて「イメージ戦略もあるので、継続したい」という考えを述べたとか。

ネット上には、もし東芝がサザエさんのスポンサーを降りた場合について「サザエさんは終わってしまうのか?」「次のスポンサーはどこに?」「ジャンケンだけでも継続してほしい」といった声が寄せられている。

ネット上には、未だ「東芝の求人募集」が

経営危機状態にある東芝だが、ネット上には未だ東芝の求人募集が出ている。

「機械設計・電気設計エンジニア」や「海外・国内営業」、「生産管理」などさまざまな職種の求人が掲載。

売却検討が囁かれている「半導体」事業や、東芝のコーポレート・ガバナンス改革を担う「経理財務」の求人募集もある。

Posted: |Updated:

Text by

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking