シェア

罰則はある?確定申告書への「マイナンバー」記載義務化に戸惑いの声

「政府広報オンライン」HP

「政府広報オンライン」HP

確定申告書への「マイナンバー」記載が義務化となり、戸惑いの声が出ている。

確定申告書への「マイナンバー」記載が必要に

平成28年(2016年)分の「確定申告」の受け付けが16日から始まった。

マイナンバー制度の導入により、2016年分以降の確定申告書等の提出の際には「マイナンバーの記載」+「本人確認書類の提示または写しの添付」が必要に。

本人確認書類は「なりすまし」を防止するためや、申告書に記載されたマイナンバーが正しいかを確認するために必要だという。

カードがない人は「番号・身元確認書類」が必要

政府広報オンラインによると、マイナンバーカードを持っている人はカードだけで本人確認(番号確認と身元確認)が可能。

マイナンバーカードを持っていない人は、通知カードや住民票など「番号が確認できる書類」と運転免許などの「身元確認書類」が必要に。

「国税庁」HP

国税庁」HP

郵送等で添付して提出する場合は、マイナンバーカードを持っている人はカード両面の写しを、持っていない人は番号確認書類と身元確認書類の写しをそれぞれ添付。

また、マイナンバーカードを持っている人はe-Taxで送信すれば本人確認書類の提示または写しの提出は不要となる。

ネット上には「マイナンバーを忘れた」という人も

確定申告にマイナンバーが必要になったことについて、ネット上には反響が続々。

「マイナンバーが分からない」「通知カードが行方不明」「住民票もらいに行かなきゃ…」など戸惑う声や「書きたくない」という声が複数投稿されている。

マイナンバーを記載しないとどうなる?

マイナンバーを記載しなければ、確定申告書は受理してもらえないのだろうか?また、記載しないことで何か罰則などはあるのだろうか?

東京都主税局のHPには、「マイナンバーが記載されていない様式でも受理してもらえるのでしょうか?」という質問に対して、次のような回答が書かれている。

また、国税庁HPの「税務署等が受理した申告書にマイナンバー・法人番号の記載がない場合や誤りがある場合には、罰則の適用はありますか?」という質問には、次のような回答が。

マイナンバーの記載がなくても受理され罰則もないようだが、「義務なので記載して提出してほしい」と書かれている。

Posted: |Updated:

Text by

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking