シェア

作戦の立案→実行→振り返りのPDCAプロセスが短時間で高回転!「サバイバルゲーム社員研修」がアツい

「HotSprings」プレスリリース

「HotSprings」プレスリリース

作戦の立案→実行→振り返りのPDCAプロセスが短時間で高回転!「サバイバルゲーム社員研修」がアツい

 

 

「サバイバールゲーム」が社員研修に効果的だという。

サバイバルゲームで社員研修

赤外線銃の開発などを手掛けるHotSpringsが3月から、企業向けに「元自衛官による光線銃サバイバルゲーム研修」の提供をスタート。

「HotSprings」PressRlease

「HotSprings」PressRlease

百戦錬磨の元自衛官が教官役を務めるという本格的な内容。元自衛官による赤外線光線銃サバイバルゲームは、これが日本初だ。

「作戦立案」→「ゲーム」→「振り返り」

研修の実施場所は新宿駅東口から徒歩5分、歌舞伎町にある本格スパイ体験アトラクション施設inSPYre(インスパイヤ)。

「HotSprings」プレスリリース

HotSprings」プレスリリース

研修は平日10時~17時に、次のような流れで実施。

10時集合 着替え・準備
11時~ゲームスタート
12時~昼休憩
13時~ゲーム再開
15時~講評など
17時終了

1ゲームは3分程で、チーム内で意見を出し合う「作戦立案」→状況の変化に臨機応変に対応していく「ゲーム」→「振り返り」という10分程度のサイクルを繰り返す。

「HotSprings」プレスリリース

「HotSprings」プレスリリース

ゲームで使うのは、赤外線光線銃。

「HotSprings」提供

「HotSprings」提供

安全で防具がいらない新しいアクティビティのため、通常のサバイバルゲームよりも気軽に体験することができるという。

規律性や協調性、計画実行能力などを評価

研修後は、「全体評価」と「能力評価」を詳細に評価し、レーダーチャート付き結果票として人事担当者などに提出。

「HotSprings」プレスリリース

「HotSprings」プレスリリース

全体評価の「規律性」と「協調性」「積極性」「責任性」、能力評価の「リーダーシップ」「計画策定、管理能力」「状況判断、理解能力」「計画実行能力」「タフネス」を、それぞれ7つ以上のポイントに基づいて評価する。

「生き残る」本能に訴え、本質を露わに

サバイバルゲームを社員研修にするというアイデアはどのようにして生まれたのだろうか?研修を提供するHotSpringsに話を聞いてみた。

—–なぜ「サバイバルゲーム」を社員研修にしようと考えたのですか?

この研修の目的は、コミュニケーション不足から人財の本当の能力を活かしきれていない状況を改善し、今いる人財で最大限の成果を発揮できるようにすることにあります。

サバイバルゲームは生き残るという人間の本能に訴えかけることで、その人の本質があらわになったコミュニケーションができるため、短時間でコミュニケーション不足を解決するには最適な手段であるためです。

「HotSprings」プレスリリース

「HotSprings」プレスリリース

また、ゲーム時間は2~4分程度と短く、作戦の立案⇒実行⇒振り返りのPDCAプロセスが短時間で高回転で回せるため、チームで試行錯誤しながら目標を達成する経過を何度も経験でき、コミュニケーション機会が多く取れることも理由の1つです。

—–「元自衛官」を教官に任命した狙いは?

サバイバルゲーム自体は自衛隊経験がなくとも、うまく立ち回れますが、作戦の立案方法や、刻々と変化する状況への対応方法などに関しては自衛隊で得られるノウハウが強みとなる部分が大きいです。

その為、様々な訓練を重ねた元自衛官が直接教官として指導することが、最も効果的であると考えました。

「HotSprings」提供

「HotSprings」提供

—–サバイバル研修を行っている企業は他にもあるようですが、HotSpringsならではの「こだわり」は?

もちろん楽しいことも大切ですが、研修というからには結果を残せるように十分に内容を吟味しています。

特にポイントになるのは参加者1人1人を個別に評価するという点です。

人数が増えれば増えるほど社員個々人の個性や能力を人事担当の方が把握するのはかなり難しいです。

楽しみながら本気で取り組むことで、その人の本来の能力を引き出し、その言動を詳細の項目に分けて評価をすることで、自分自身でも気が付いていなかった能力を明らかに。

そうすることで、人事ご担当者様も個人ごとの個性が深く理解できるようにお手伝いをいたします。

人の本質をあらわにした状態でコミュニケーションを取るのに、サバイバルゲームは最適だという。

「達成感の共有」や「信頼アップ」など効果

サバイバルゲーム研修をすることで、どのような効果が得られるのだろうか?

—–どのような効果が期待できますか?

得られる効果としては、

「達成感を共有し、仕事においてもモチベーションが上がる」

「仲間への尊敬や信頼が向上し、コミュニケーションが活性化する」

「枠にとらわれない、様々なアイディアの出し方に気づく」

「チームとして一丸になって成果を出す方法に気づく」

などの効果が見込めます。

あとは単純に楽しいため、皆主体的に参加し、研修内容が頭に残ります。その為、研修後には参加者同士で、あの時の動きはどうだったとか、あの作戦のここがよかったとか、あそこはもっと上手くいったなど、ずっと皆で話が盛り上がっています。

人材活用やマネジメント環境の最適化に役立つという。

「大切なことに自ら気づいていく研修」

HotSpringsは最後にサバイバルゲーム社員研修に込める思いを、こう語った。

教えてもらう研修ではなく、自分たちで試行錯誤していくうちに、大切なことに自ら気づいていく研修です。

私たちとしても教えようとするのではなく、参加者がご自身で気づける環境づくりをしていきたいと思っております。

今後は階層ごとにレベルアップしていくような研修を展開していき、弊社の研修を通して、業績アップできるような企業が増えてくれれば幸いです。

ゲームを楽しみながら、気づかなかった自分の弱みや強みに気づき、チームの団結力も高めることができるサバイバルゲーム研修。効果が期待できそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking