シェア

ディズニーランドですら人手不足…オリエンタルランド、非正規2万人を組合員にし待遇改善へ

fotolia

fotolia

日本有数のテーマパーク「ディズニーリゾート」が人材募集に苦労していることが分かり、驚きの声が上がっている。

アルバイトなど約2万人を組合員へ

日本経済新聞は15日、東京ディズニーリゾートを運営する「オリエンタルランド」の労働組合が、アルバイトやショー出演者など非正規従業員約2万人を4月1日付で組合員にすると報じた。

既に労使で合意しており、現在約2900人の組合員数が2万2000人程度に大幅に増える。

待遇改善で「人手不足」に対応

報道によると、組合員にすることで従業員の賃金や働き方など待遇改善を進め、人手不足に対応する狙いだとか。

当施設でのアルバイトはかつては大人気だったが、現在では募集に苦労する施設も出ており、大阪での採用面接会開催や時給引き上げなど、人手確保のための取り組みが行われているという。

ネット上に「夢の世界でさえ…」という声

東京デイズニーランドでさえ人材確保に苦心しているという現状を受けて、ネット上には反響が続々。

「夢の世界も人手不足」「ディズニーでさえ…」「どこも楽じゃなく厳しさは変わらない」「深刻だね」と驚く声や。

「良い傾向」「夢を売るディズニー、働き方にも将来の夢が描ける改善を期待」「人口減社会では働きやすい環境を作ることが競争力の源泉となりうる」など、改革の効果や他企業への波及を期待する声など、さまざまな反響が投稿されている。

人手不足が深刻化

近年、サービス業や飲食業を中心に人手不足が深刻化している。

日本マクドナルドは3月15日に全国の店舗で過去最大のクルー採用キャンペーン「クルー体験会」を実施。

実際の店舗での体験を通じて仕事内容を理解してもらうという試みで、各店先着30名にオリジナルクリアファイルをプレゼントするなど参加特典も用意されている。

「日本マクドナルド」News Release

「日本マクドナルド」News Release

また、「すかいらーく」や「ロイヤルホスト」などファミリーレストランは「24時間営業」を見直し。

「すかいらーく」リリース

すかいらーく」リリース

従業員の負担を軽減して人員確保する狙いや、人手不足で賃金が上がりコストが上昇していることなどが原因だ。

有効求人倍率がバブル期並み

他にも、「コンビニエンスストア」や「保育士」「建設現場」など、多くの企業で人手不足が深刻な問題となっている。

有効求人倍率は高水準が続いており、今年1月は1.43倍とバブル期並みの高水準。

「厚生労働省」資料

厚生労働省」資料

深刻化する人手不足を受け、企業は時給の引き上げや待遇改善などあの手この手で人材確保に取り組んでいる。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking