シェア

【取材】登壇者の平均年齢77歳「史上最高齢のITイベント」が開催へ

「シニアプログラミングネットワーク」提供

「シニアプログラミングネットワーク」提供

お年寄りプログラマーらが登壇する「史上最高齢のITイベント」について取材した。

お年寄りプログラマーが大集合

4月29日に東京都渋谷区の「渋谷dots」で開催されるITイベント「シニアプログラミングネットワーク#1」に注目が集まっている。

なんと、登壇者の平均年齢は77歳。史上最高齢のITイベントだという。

「シニアプログラミングネットワーク」提供

「シニアプログラミングネットワーク」提供

「コンピューターおばあちゃん」に「マタギ」も

登壇者は、今年2月に「ひな壇飾りアプリ『hinadan』」をリリースし一躍話題となった81歳のコンピューターおばあちゃん・若宮正子さん。

waka

アプリ3本をリリースしている81歳のスーパーシニア・鈴木富司さん。

「シニアプログラミングネットワーク」提供

「シニアプログラミングネットワーク」提供

Ichigo Jamを使って赤外線センサー付きの檻(おり)を自作してイノシシを狩る、マタギの谷川一夫さん。

「シニアプログラミングネットワーク」提供

「シニアプログラミングネットワーク」提供

イベント本編のみなら参加費は無料。

その後に開催される懇親会は参加費1000円で、登壇者と直接会話もできる。

ネット上で「凄い」と話題に

このイベントはネット上で注目を集めており、「カッコよすぎる」「参加してみたい」「リアルコンピューターおばあちゃん」「じわじわくる」「すげぇとしか言いようがない」「何よりバイタリティがすごい」と話題に。

定員120名に、4月13日時点ですでに80人が申し込んでいる。

主催団体「シニアプログラミングネットワーク」とは

そんな注目のイベントについて、主催の「シニアプログラミングネットワーク」に取材した。

—–どのような活動を?

4月29日(祝・土)に行う「シニアプログラミングネットワーク #1」が初イベントです。

Facebookページの活動としては、各地でプログラミングを勉強しているお年寄りの方を紹介したり、そういう方の役に立つ情報を掲載したりしています。

会員の募集というのはまだ行っていませんが、近いうちにお年寄りプログラマの方が交流できたり、支援を受けられるような仕組み作りを検討中です。それはイベント内で発表したいと考えています。

代表の小泉勝志郎さんはテクノロジーを活用した公共サービスの開発・運営を支援する一般社団法人Code for Japanの理事等も務めており、大学や企業の研修でプログラミング教育を実施。

ひな壇アプリ「hinadan」を開発した若宮正子さんに、iPhoneアプリのプログラミングを教えたのも小泉さんだという。

「大きなムーブメントにしたい」と企画

—–同イベントを企画した背景は?

今回の登壇者であり、シニアプログラミングネットワークの顧問でもある若宮正子さんがアプリ「hinadan」をリリースしたニュースは、日本では朝日新聞、NHK等で、海外ではCNN含めて何カ国ものメディアで報道されています。

ここで事例を若宮さんだけに留めるのではなく、「お年寄りがプログラミングをつくる」ということをもっと大きなムーブメントにしたいと考えたことがイベントのきっかけです。

他にもプログラミングをしているお年寄りの皆さんがいないか様々な人に当たって探し、今回の登壇者となりました。

小泉さんは普段から技術勉強会をはじめとしたIT系イベントを年に10回近く開催。今回は「お年寄りのプログラミング」という新しい切り口で企画したという。

登壇者がプログラミングを始めたのは定年後

—–「お年寄りプログラマー」の皆様はどのような方ですか?理系出身?

みなさん定年になるまで、プログラムをしたことがない方ばかりです。

hinadanを作った若宮さんは、もともと「年寄りが若者に勝てるゲームを作ってください」と言ってきていて、自分で作るという方向ではなかったそう。

しかし、小泉さん自身が作っては話題にならないと考え、「作り方は教えるしサポートするから、自ら作るという方向にしませんか?」と提案し、若宮さんが作ることになった。

小泉さんはプログラミングができることと、文系・理系に相関性はないと言っている。

理系でもプログラミングできない人はできないし、文系でもできる人はできるし。

むしろ、相関性がある要素は英語ですね

今回の登壇者の若宮さんは海外旅行が趣味で英語に抵抗がなく、鈴木富司さんは英語がペラペラ。

プログラミングでつまづいたときに出てくるサイトは英語のものが多いし、プログラミングツールの出すメッセージも英語なので、英語の方が重要だという。

「興味のあるお年寄りの方にぜひ来てもらいたい」

—–イベントには、どんな人に話を聞きに来て欲しいですか?

「お年寄りのプログラミング」がテーマなので、アプリを作ったりゲームを作ったりに興味のあるお年寄りの方には非常に来てもらいたいです。

また、今回の登壇者である若宮さんにプログラムを教えている時に「お年寄りはこういう操作がしづらい」というのが知見として多く得られました。今回のイベントでもそこは取り上げるので、アプリやゲームをお年寄りにも使ってもらいたいと思ってる製作側の人たちにも来てもらいたいですね。

「世界一の長寿国として誇れるように」

最後に今後の活動予定について次のように話した。

イベントは定期的に開催していきます。

今回はある程度成果を出している人たちの紹介ですが、プログラムを始めてみようと思えるような情報発信、そして実際に成果を上げている人たちの情報の拡散をしていきます。

そうやって多くの人に知ってもらうことで「お年寄りがプログラムを学ぶ」というムーブメントを国内に作り出し、世界一の長寿国として海外にも誇れるようにしていきたいです!

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking