シェア

【取材】スナップをLINEに投稿するだけ!ファッションを解析してくれる「おじさんAI」

「ニューロープ」PressRelease

「ニューロープ」PressRelease

 

AIが服のコーディネートを解析してくれるサービスについて、詳しく聞いてみた。

おじさんAIがコーディネートを解析

ファッションベンチャーのニューロープは13日、ファッションを自動で解析する人工知能(AI)の「ファッションおじさん」をリリースした。

約100万枚のファッションスナップで学習したAIがファッションを解析し、着こなし術や類似商品も案内してくれる。

スナップをLINEに投稿するだけ

LINEでファッションおじさんに友達申請し、チャットにファッションスナップを投稿すると、

「ニューロープ」Press release

「ニューロープ」Press release

スナップを見たおじさんが表示されたURLでファッションを解析し、スナップに含まれるアイテムの類似品や着こなし術を案内。

「ニューロープ」Press release

「ニューロープ」Press release

「雑誌やインスタで見つけた気になるコーデをアップして類似アイテム検索」や「自分のコーディネートをアップして、着回しパターンを発見」など、さまざまな使い方ができる。

投稿しないと、おじさんから催促が

ファッションおじさんはよほどファッションの解析がしたいのか、写真を投稿しないと催促してくるそう。

「ニューロープ」Press release

「ニューロープ」Press release

催促がしつこすぎると感じた場合は、トーク設定で通知をOFFにすることもできる。

「会員登録」や「料金」なしで利用

開発元のニューロープに、詳しい話を聞いてみた。

—–「会員登録」や「料金」は発生しますか?

会員登録は必要なく、料金も発生しません。

—–解析内容を他人に知られることはありませんか?

ファッションコーデと解析内容にはURLが割り当てられますが、ランダムな36桁の文字列となっているため、URLをシェアしない限りは第三者に見られることはありません。

—–年齢や性別に関係なく解析してもらえますか?

年代や性別関係なく解析自体はしますが、20代〜40代の女性のコーデを教師データ(人工知能として学習するための元データ)にしているため、キッズやミセス、メンズ特有のアイテムに関しては認識率が下がる傾向にあります。

「ニューロープ」Press Release

「ニューロープ」Press Release

「タグ付けの自動化」から発想

AIファッションおじさんは、タグ付けの自動化という発想から開発されたという。

開発元のニューロープは、2014年から#CBK(カブキ)というファッションサービスを運営。

モデルやインスタグラマー約300人と提携し、ユーザーが彼女らのコーデを検索して着回しのアイデアを得たり、似たアイテムを購入したりできる。

「#CBK」HP

#CBK」HP

このサービスを成立させるため、何万枚ものスナップを来る日も来る日も「人力」でタグ付けしていたが、ある時こう閃いたという。

このタグ付けを自動化することができれば、門戸を大きく広げることができる

例えば、現時点で4万4957個あるアメブロのファッションカテゴリーブログ全てのスナップに類似商品を表示することも可能に。

ブロガーはそこから収益を得ることができるし、よりファッション情報の発信に注力できるようになるので、長い目で見れば読者にも恩恵があるだろうと考えた。

そういった世界観を作っていくために、2015年の秋頃に人工知能『ファッションおじさん』の開発に乗り出しました。

人力でのタグ付けからも開放されることを夢見つつ。笑

「ニューロープ」PressRelease

「ニューロープ」PressRelease

同社が開発したAI「#CBK scnnr(カブキスキャナー)」は、渋谷のスクランブル交差点を行き交う人々のファッションコーデを一気に解析することも可能だという。

多様な複数のアイテム解析がハードル

—–開発で苦労した点は?

そもそも作り上げるハードルが非常に高かったところにあります。

開発を始めた2015年の秋に、人工知能やファッションテックに注力しているいくつかの企業と情報交換をさせていただいたのですが、「これは一般物体認識の領域だから難しい」「以前挑戦したが、難しいと判断して開発を中断した」という苦い声が集まってしまいました。

出回っているデータ量が多くてバリエーションも少ない顔認識のような分野と違い、ファッションアイテムは色もシルエットも多様。

1つの画像中に複数のアイテムが混在しているし、背後にはテーブルや車など関係のないノイズもたくさん含まれているので、コーディネート解析となると、タスクの難易度がはさらに上がるという。

コーディネートだけに的を絞って、アウターやインナー、ボトムス、ストールなどを切り分けた上で、それが何であるのかを人工知能に特定させる必要があり、これらを解決するために長い間試行錯誤を繰り返しました

「ニューロープ」PressRelease

「ニューロープ」PressRelease

AIは「不器用だけど頑張るおじさん」

ところで、老若男女さまざまなキャラ設定が考えられただろうに、AIのキャラはなぜ「おじさん」なのだろうか?

—–なぜ「おじさん」に?

ファッションのカリスマみたいなキャラクターがコーデを言い当てても当たり前な感じになってしまって、すごさが伝わらない可能性があると思いました。

不器用なおじさんが頑張っている姿を見れば、多くのユーザーが応援してくれるはずです。

キャラづくりにこだわり、「どういった経歴を持っていて」「なぜファッションスナップを解析する仕事に取り組むことになったのか」「どういったパーソナリティの人物なのか」といったところまで練り込んであるという。

エンジニアリングが分かる方はぜひ、ブラウザで解析結果画面のコンソールを開いてみてください。おじさんの新たな一面が覗けるはずです。

開発からリリースまで1.5年かかっているので、ついに彼が日の目を見られたとあって、チーム一同感無量です。

「ニューロープ」PressRelease

「ニューロープ」PressRelease

「科学技術と感性のギャップを埋めていきたい」

最後に、同サービスに込める思いを次のように話した。

ファッション領域では相対的にイノベーションが出遅れていると言われています。
その理由は、先行する大企業が今の仕組みを作り上げるためにこれまでにした投資金額が大きすぎて戦略の転換を図りづらいというイノベーションのジレンマに陥っている側面もありますが、本質的には人間の「感性」に関わってくる領域だからだろうと思っています。

仮に「あなたはこれを着るべきです。」と正解をAIから提示されても、それを喜ぶ人は一部に限られているでしょう。そもそもITがフィットしにくく、このためベンチャーのトライがあまり功を奏してこなかったという背景があります。

私たちはファッションおじさんというキャラクターで、このテクノロジーと感性のギャップを埋めていきたいと考えています。

「ニューロープ」PressRelease

ニューロープ」PressRelease

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking