シェア

コンビニバイトが無くなる?全コンビニに「無人レジ」導入が物議に

fotolia

fotolia

全コンビニに「無人レジ」が導入されると報じられ、注目を集めている。

コンビニ5社が実施へ

コンビニ業界と経済産業省が一体となり、消費者が自分で会計する「セルフレジ」の普及を目指すことが分かった。

日経新聞によると、共同発表する「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」に、2025年までに大手コンビニ5社で取り扱う全商品に電子タグ(ICタグ)を張り付けると明記へ。

ICタグ導入に踏み切るコンビニ5社は、「セブンイレブン」と「ファミリーマート」「ローソン」「ミニストップ」「ニューデイズ」だ。

複数の商品情報を瞬時に読み取る

「ICタグ」とは、ミリ単位のICチップと小型アンテナで成り立つ非接触型IC。

ICチップに直接触れずに読み取ることができるので、従来のバーコードのセルフレジのように1つ1つ読み取る必要はなく、専用機械を組み込んだ台に置くだけで複数の商品情報を一括して瞬時に会計することが可能になる。

昨年12月にローソンで実証実験

ICタグの活用は以前から検討されており、昨年12月にはローソンパナソニックが業界初の完全自動セルフレジ「レジロボ」とICタグの実証実験をスタート。

カゴごと専用レジに置くだけで自動的に清算と袋詰めをするシステムで、スピーディな清算が可能となる。

「人手不足解消」や「生産性向上」に

ICタグを導入することで、小売店の深刻な「人手不足」を解消へ。

また、リアルタイムの在庫可視化が可能になるので、「欠品や過剰在庫、返品や廃棄などの削減」、「製品の安全・安心の向上」「物流の効率化」も期待できる。

課題とされているICタグの生産コストは、経産省が開発企業への補助金などで普及を促すことで、技術開発と量産化を目指すという。

ネット上には「寂しい」という声も

近い未来に全コンビニに「無人レジ」が導入されることについて、ネット上には多くの反響がよせられている。

歓迎する声もあるが。

一方で、こんな意見も。

さまざまな声がよせられ、物議を醸している。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking