シェア

遺児らを支援する「あしなが募金」が危機的状況に…ボランティア不足で募金が大幅減

fotolia

fotolia

「あしなが募金」が厳しい状況にあると分かり、衝撃が広がっている。

あしなが募金、募金額が5年で4割減

親を亡くした子どもたちを支援する「あしなが学生募金」が減り続けている。

同募金の報告書を見ると、2016年の募金額は約2億2200万円。5年前(2011年)の約3億6700万円より約4割減少している。

参加ボランティア減少が原因

茨城新聞によると、原因は募金活動に参加するボランティアが減ったためだそう。

1987年の秋は約4600団体が参加していた同募金活動だが、参加団体数が年々減少。2016年秋の参加団体は983団体だった。

交通遺児支援から始まった、47年続く活動

あしなが学生募金は47年の歴史を持つ「遺児支援」の募金。

交通事故で家族を亡くした遺族らにより、1969年に「交通遺児育英会」が始まり、1971年秋に同募金につながる「全国学生募金」がスタート。

毎年春と秋に4日間、全国200箇所で募金運動を行っている。

昨年からは「アフリカの遺児」も支援

交通遺児支援から始まった運動は時代と共に支援の輪を「災害遺児」「病気遺児」「自死遺児」「親が障害を持つ子供たち」へと広げており、昨年秋からはアフリカの遺児たちへの支援もスタート。

昨年秋の募金活動では約8336万円の募金が集まり、その半分が遺児らの奨学金に。

もう半分は、世界で最も貧しい地域であるアフリカの遺児らからリーダーを育成させる構想の資金になった。

「仕組みを考え直すべき」という声もあるが

誰もが知っているこの募金が減り続けていることを受けて、ネット上にはさまざまな反響が投稿されている。

「心も懐も、募金するような余裕がなくなってきている」「世知辛い世の中」と嘆く声や、「募金は信用できない」「詐欺を疑って躊躇してしまう」という意見。

また、「全額、国内の子たちの支援にあてて欲しい」「寄付金控除の対象にすべき」「街頭募金は時代遅れのような気がする」など、募金の仕組みを改めるべきという指摘もある。

「なんとかしてあげたい」と応援する声が

一方で、「なんとかしてあげたい」「少しでも支援したい」「飲みに行ったつもりで、5千円くらい募金しておこうかなぁ」「見かけたら協力しなきゃ」と応援する声も。

また、「わずかな支えを広げませんか。一歩一歩歩んで行きましょう」という呼びかけや、「拡散することで活動を支援し続けたい」と拡散を呼びかける人もいる。

「あしなが学生募金」は街頭募金だけでなく、口座でも寄付を随時受け付けており、「あしなが育英会」にはクレジットカードや携帯電話からも寄付することができる。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking