シェア

お茶漬けに“牛乳”が旨い…5月17日「お茶漬けの日」永谷園に聞く裏技レシピ

「永谷園」提供

「永谷園」提供

永谷園に「お茶漬け」について取材した。

「お茶漬けの日」=永谷園創業者の先祖の命日

5月17日は「お茶漬けの日」。

「永谷園」提供

「永谷園」提供

永谷園を創業した永谷嘉男氏の先祖で、江戸時代にお茶の製法を発明し煎茶の創始者として祀られている「永谷宗七郎(宗円)」氏の偉業をたたえ、同社が命日である5月17日に制定した。

お茶漬けのルーツは平安時代に

同社によると、お茶漬けのルーツは平安時代にさかのぼるという。

平安時代の文献に、ご飯に水やお湯をかけた手軽な食事「水飯」や「湯漬け」がたびたび登場するが、これがお茶漬けのルーツと言われているそう。

戦国時代には簡便な湯漬けは武士に愛され、織田信長と斎藤道三の初対面の際にも湯漬けを食べながらの一席となったという記録がある。

江戸時代になると、ありふれている事や容易なことが「こんなことは茶漬めしだ」と例えられるほど、お茶漬けは庶民の日常生活に浸透。

茶漬けを始めとする簡単な料理を出す「茶漬屋」も流行し、江戸各地に名物茶漬けが誕生した。

60年で140億食以上

「お茶漬けの日」制定のキッカケとなった永谷園の「お茶漬け海苔」は、永谷宗円から数え10代目で同社を創業した永谷嘉男と、その父親である9代目の親子が完成させ、1952年(昭和27年)に発売した。

永谷園提供「発売当初のお茶漬け海苔」

永谷園提供「発売当初のお茶漬け海苔」

発売からの60年間で食べられた同商品の数は、なんと140億食以上。これまでに食べられた小袋を縦につなげると、地球35周分もの長さになるとか。

また、使われたお湯の量は210万KL以上、ご飯の量は140万トン以上。

これまで売り上げたお茶漬けの「あられ」の数は2450億本以上で、横に並べると500万kmを超え、地球から月を6往復以上する距離に匹敵するという。

不動の1番人気は「お茶漬け海苔」

永谷園に話を聞いてみた。

—–これまで発売した中で、1番人気だった「お茶漬け」は?

創業の商品である「お茶づけ海苔」です。発売から65年になりますが、不動の人気です。

もちろん、「さけ茶づけ」「梅干茶づけ」なども人気が高いです。

—–60年以上も愛され続けている理由は何だと思いますか?

発売から変わらぬ味わい・パッケージであることも、ひとつかと思います。世代を越えて同じ味わいを、お楽しみいただいております。

また、シンプルな味わいなので、皆さんのお好みに合わせて、様々な楽しみ方ができるのも、長年ご愛顧いただいている理由かと思います。

「永谷園」提供

「永谷園」提供

あたたかい「牛乳」をかけても美味しい

同社のHPには「美味しい食べ方」として、「いつもより大きめの茶碗を」「お湯はできるだけ熱いものを、たっぷりと」と書かれているが他にもオススメの食べ方はないのだろうか。

—–より美味しく食べる「コツ」や「裏技」、お勧めの「アレンジ」があったら教えてください。

お湯や冷水をかけるのが定番ではありますが、あたたかい「牛乳」をかけるのもオススメです!

クラムチャウダーのような味わいになります。

また、お勧めのアレンジは「ほたてバターのミルク茶漬け」と、

「永谷園」提供

「永谷園」提供

トマトとアボカドのサラダ茶漬け」だそう。

「永谷園」提供

「永谷園」提供

同社の「47都道府県レシピサイト」には他にも、さまざまなお茶漬けレシピが公開されている。

永谷園「いろんな楽しみ方で味わって」

2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、近年、世界で同ブームが巻き起こっている。

—–「お茶漬け」人気も高まっていますか?

和食メニューの代表メニューとして、ぜひ「お茶づけ」は様々な方にお楽しみいただければと思っております。

「お茶づけ」は、日本ならではの食文化で、海外ではあまり浸透していない食文化なので、「和食」として知っていただけると嬉しいです。

最後に、お茶漬けに込める次のような思いを話してくれた。

「お茶づけ」は、そのままはもちろん、お好きな具材をトッピングいただくとさらにおいしさの幅が広がります。

また、かけるものも、夏場は冷たい水をかけて食べる「冷やし茶づけ」もオススメで、季節を問わず、様々なシーンでお楽しみいただけますと嬉しいです。

ぜひ、いろんな楽しみ方で「お茶づけ」を味わってください!

「永谷園」提供

「永谷園」提供

Posted: |Updated:

Text by

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking