シェア

5月21日は「探偵の日」…気になる「探偵の仕事」について調べてみた

fotolia

fotolia

探偵の日なので、「探偵」について調べてみた。

社団法人「探偵協会」が制定

5月21日は「探偵の日」。

あらゆる問題解決の力強いパートナーである「探偵」という職業をアピールするために、社団法人「探偵協会」が制定。

1891年(明治24年)のこの日に、日本で初めて詐欺師や盗人の調査を請け負う民間企業の広告が新聞に掲載されたことに由来し、5月21日を「探偵の日」とした。

120年超の歴史

日本における探偵の歴史は1891年、銀行などの出資により、阪神電鉄の初代社長が日本初の興信所を設立したことに始まる。

その後、1896年に東京でも興信所が設立されるなど、探偵の仕事は各地に広がっていった。

仕事内容は「調査」

さて、探偵といえば、小説やドラマ、映画などでは事件の謎を解いたり、犯人を推理したりするヒーローのようなイメージで描かれていることが多いが、実際にはどのような仕事をしているのか。

探偵業を行っている業者のHPを見てみると、書かれているのは「浮気調査」や「慰謝料請求のための証拠調査」「身元調査」「行方人探し」など、何らかの「調査」。

日本では、「他人の依頼を受けて、特定人の所在・行動について聞き込みや尾行、張り込み等の実地調査を行う営業のことを『探偵』とする」と、法律で定められている。

探偵になるには「届出制」

どうやったら「探偵」になれるのか。

警視庁のHPによると、「探偵」として仕事をしようとする人は、前日までに警察署経由で各都道府県の公安委員会に届け出なければならない。

「警視庁」HP

警視庁」HP手数料3600円と

なお、「禁固以上の刑に処せられてから5年以内」「暴力団員または暴力団員でなくなってから5年以内」などに該当する人は、探偵業を営むことはできない。

「探偵学校」も存在する

警察庁の資料によると、2016年末で届出されている「探偵業者」の数は5691件。

探偵を育成する「探偵学校」も複数存在し、探偵を目指すさまざまな人々が、探偵に必要な知識やノウハウ、撮影や盗聴器発見、尾行などの技術取得に励んでいるという。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング