シェア

ハガキより「ミニレター」がお得!同じ62円で3倍書け、紙も同封できる

撮影:長澤まき

撮影:長澤まき

郵便局の「ミニレター」がお得だと話題になっている。

「はがき」と「ミニレター」が同額に

今月(6月)から、郵便はがきの料金が52円→62円に値上がりした。

消費税増税時を除いて23年ぶりの値上げは大きく報じられ、ネット上には「商用で使うから困る」「痛すぎる」など戸惑う声が。

そんな中、Twitterに「考えてみれば、郵便書簡(ミニレター)と同額になった。みんなこれからミニレターを使おうぜ」と投稿され、注目を集めている。

はがきの3倍のスペース

郵便書簡(ミニレター)とは封筒兼用の便せん。

撮影:長澤まき

撮影:長澤まき

スペースは「はがき」の3倍。

撮影:長澤まき

撮影:長澤まき

「速達」や「書留」「特定記録」をオプションとして付けることも可能だ。

写真・メモ等の同封OK

さらに、重さが25g以内であれば、メモや写真など薄いものを同封してOK。

撮影:長澤まき

撮影:長澤まき

25gを超えると定形外郵便物の料金が適用されるので、その場合は定型サイズの封筒を使うほうがオススメだそう。

なお、重さが25g以内でも、ペンや鍵、化粧品など紙片状のもの以外は同封できない。

ネット上で「便利そう」と話題に

ミニレターの使用を呼びかけるつぶやきを受けて、ネット上には反響が続々。

他にも「ハガキよりたくさん書ける」「安くチケット送れる」「便利でお得」「児童手当の書類を出すのに使えばよかった」「ミニレターの時代来たる」など、話題になっている。

「エコーはがき」や「くぼみ入りはがき」も

「ミニレターを初めて知った」という声も複数あったが、郵便局にはまだまだ便利な商品がある。

「エコーはがき」は、はがきの一部が広告媒体となっており、1枚あたり5円安く販売。

他にも、はがきの表面左下に半円形のくぼみが入っていて、上下・裏表がすぐにわかる「くぼみ入りはがき」や、ハガキが4枚連冊された年賀状など大量印刷に便利な「四面連刷はがき」もある。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング