シェア

6月12日は「恋人の日」…カップル写真のラブグラフに「自撮りのコツ」を聞いてみた

提供:ラブグラフ

提供:ラブグラフ

「恋人の日」にちなんで、カップル写真を上手に撮るコツなどを聞いてみた。

縁結びの神「聖アントニオ」が由来

6月12日は「恋人の日」。

欧米諸国では縁結びの神・女性の守護神として崇められている「聖アントニオ」記念日の前日であるこの日に、恋人や夫婦間で互いに贈り物をする風習があるそう。

ブラジルでは家族や友人、恋人との絆を深めるために「フォトフレーム」を贈りあう習慣があることから、全国額縁組合連合会が6月12日を「恋人の日」と定めた。

「カップルフォト」が人気

せっかく貰ったフォトフレームに、素敵な写真を入れたいものだ。

カップルフォト撮影を行う「Love graph(ラブグラフ)」に、写真撮影について質問したところ、全国各地を飛び回って年間100組以上のカップルなどを撮影するチーフカメラマンの秋岡英太朗さんが答えてくれた。

同社がカップル等に特化したフォトサービスを始めたのは、「友人に喜んでもらえたこと」が始まりだという。

もともとカメラマン志望だった代表の駒下がまだ大学生のとき、友人カップルを一眼レフで撮って想像以上に喜んでもらえたことがきっかけでした。

提供:ラブグラフ

提供:ラブグラフ

写真撮影の練習を兼ねて友人カップルのデートに同行し、無料で撮影した作品をサイトに掲載していたところ、撮影したカップルがSNSに投稿した写真が「私たちも取って欲しい」と口コミで拡散。

気づけば撮影依頼が月に50件を超えるほどになっていました。

当初はカップルから交通費だけをもらって、東京や山梨、福岡など全国に足を運んでいたが、「遠方だと交通費がカップルの負担になる」と思い、現地にいる知り合いのカメラマンに撮影を依頼するように。

その後も依頼が順調に増えたため、2015年2月に法人化に踏み切ったという。

何年も撮り続ける人も

どんな人が撮影を依頼しているのか。

20代〜30代のカップルやご夫婦が記念日やお出かけの際によくご利用してくださいます。

「付き合って(結婚して)◯年記念日」などの節目にお祝いとして撮影される方が多いですね。

提供:ラブグラフ

提供:ラブグラフ

旅行の思い出として旅先にカメラマンを呼ぶ人もいるそう。

沖縄の綺麗な海や、京都の街並みに着物での撮影なども自然な姿を撮影するため、記念写真よりもナチュラルに残せるといったところも魅力の一つかと思います。

他にも結婚式のムービーやウェルカムボード、前撮りとして利用する人も多いとか。

家族の撮影も多く、カップル写真を撮影した人が、結婚、マタニティ、生まれた子どもの成長…と何年間もリピート利用することもあるそうだ。

提供:ラブグラフ

提供:ラブグラフ

撮影されるという非日常な体験に「楽しかった」という声や、完成した写真を見て「感動する」という声がよく届いているという。

上手に撮るポイントは「空気感」

カップル写真を上手に撮るコツやポイントは何なのか。

あらかじめ2人の空気感がわかる写真を見せていただいたり、どんな写真を撮りたいかなどをヒアリングしております。

撮影するときもカメラ目線ではなくいつもの2人の空気感を残せるようにカメラマンが遠くから撮影したりもしていて自由にしていただくこともありますね。

提供:ラブグラフ

提供:ラブグラフ

また、カメラマンと友達のように仲良くなって撮影を楽しむお客さんも多く、意外とすぐに笑顔が出るという。

自撮りでは「背景」「自然」を心がけて

さらに、自分たちで撮影するときのコツを聞いた。

2人で自撮りをしていると顔アップの写真ばかり撮ってしまっているもので、せっかくの旅行先や記念日でも背景が写っていなかったりしていつもと変わらない写真になりがちです。

せっかくならその日のことを思い出せるような写真を撮るといいと思います。

提供:ラブグラフ

提供:ラブグラフ

カメラ目線の写真が多いのも自撮りの特徴だと指摘。

撮るコツとまでいえるかはわかりませんが、背景を一緒に写してあげたり、2人の雰囲気がわかるような自然な姿を撮るように心がけるといいかもしれないですね。

後で写真を見返した時に、「あの日楽しかった」「このポーズ可愛くてずっと笑ってたよね」と、その瞬間を思い出せるような写真は間違いなくいい写真だと語った。

「幸せな時間をもっと世界に」

同社は「幸せな瞬間をもっと世界に」というビジョン・想いを常に持ち続けているという。

人生において「幸せだなぁ」と思える瞬間が多ければ多いほど、その人の人生は豊かになると思っています。

美味しいご飯を食べているときや、綺麗な景色を見ているときと同じで、

大切な人がそばに居て笑い合えることもまた、「幸せだな」って思う瞬間だと思うんです。

そんな幸せな瞬間を撮影のときや撮った写真を見ているときに体験して欲しくてこのサービスを続けております。

提供:ラブグラフ

提供:ラブグラフ

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング