シェア

ディズニーは割引、動物園は無料…6月15日「千葉県民の日」が羨ましすぎると話題に

千葉県「千葉県民の日パンフレット」

千葉県「千葉県民の日パンフレット」

「千葉県民の日」ということで、お祭り騒ぎになっている。

6月15日は「千葉県民」の日

6月15日は千葉県の「県民の日」。

「県民が郷土を知り、ふるさとを愛する心をはぐくみ、共に次代に誇りうる、より豊かな千葉県を築くことを期する日」として、1984年(昭和59年)に制定された。

明治6年の今日、千葉県が誕生

6月15日になったのは、1873年(明治6年)のこの日に、千葉県が誕生したことに由来。

千葉県は幕末・明治初期は「下総国」「上総国」「安房国」に分かれていたが、1671年(明治4年)に「印旛県」「木更津県」「新治県」が成立。

「千葉県民の日」パンフレット

「千葉県民の日」パンフレット

そして、1873年(明治6年)に千葉県が成立し、1875年(明治8年)に現在のかたちとなった。

全ての県立学校が「休み」に

同県では15日、全ての県立学校が休業日。

「千葉の魅力を再発見し、ふるさとへの愛着を深める」ために、県内各地で「大名行列」や「コンサート」「ショー」など、さまざまなイベントが開催され、

多くの公共施設が無料に。

県立美術館や博物館、スポーツ施設やプラネタリウムなど、さまざまな公共施設が無料や割引で利用できる。

「ドイツ村」や「アンデルセン公園」も

さらに、県の呼びかけを受けて、県内の民間施設や企業・団体も、無料開放や記念イベント、プレゼントなどを実施。

なぜか浅草の「花やしき」も。

「東京ディズニーランド・ディズニーシー」は首都圏ウィークデーパスポートで割引となり、「サッポロビール千葉工場の黒ラベルツアー」は通常500円が無料に。

他にも「千葉こどもの国」や「ふなばしアンデルセン公園」「成田ゆめ牧場」や「東京ドイツ村」「よみうりランド」など、数多くの施設が入場無料や割引になっている。

ネット上に「千葉、マジ有能」という声

千葉県民の日を迎え、ネット上には「こんな時間までダラダラしてる…千葉県民の日最高!!」「夫が休みなのでお出かけ」「ディズニーなう」「カラオケ楽しい」「天国すぎる」など喜ぶ声が続々。

「祝日のない6月に祝日を作る千葉、マジ有能」「羨ましすぎる」「千葉県民になりたい」と羨む声も投稿されている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング