シェア

「iPod nano」と「shuffle」の販売終了に衝撃が広がる

fotolia

fotolia

「iPod nano」と「iPod shuffle」が販売終了したと報じられ、衝撃が広がっている。

「iPod nanoとshuffle」が販売終了

米ブルームバーグは28日、アップルが「iPod nano」と「shuffle」の生産中止を明らかにしたと報じた。

iPodのラインナップを単純化することを決めたそうで、「iPod touch」のみ販売を継続するという。

日本のアップル社のHPを確認したところ、既に「製品情報と購入」には「iPod nano」 と 「iPod shuffle」は載っておらず、表示されているiPodは「touch」だけになっていた。

2005年に発売開始

iPod nanoは2005年に、iPod miniよりもコンパクトでハードドライブの代わりにフラッシュメモリを搭載したデジタルオーディオプレーヤーとして登場。以降マイナーチェンジを続け、2015年からは第7世代が販売されていた。

fotolia

fotolia

iPod shuffleも2005年に登場。コンパクトでディスプレイが搭載されていないシンプルさが人気となり、2015年には第4世代が登場した。

iPhone登場で下火に

10年以上にわたり人々に愛され続けていた同機だが、しだいに同社のスマホ「iPhone」に取って代わられるように。

engadgetによると、近年はiPhoneがアップルの収益の柱となり、サービスもiPhoneを軸に構築されるようになっていたという。

ネット上に戸惑う声が続々

販売終了を受け、ネット上に衝撃が広がっている。

「仕方ない」という声もあるが、戸惑う人も多く「在庫があるうちに入手しておこうか」という声もちらほら。現時点(28日午前11時)では、アマゾンやヨドバシ通販サイトなどにはまだ在庫があり販売されている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング