シェア

JR西の「30周年乗り放題きっぷ」が争奪戦に!「買えなかった」の声相次ぐ

fotolia

fotolia

「JRのお得な切符」を巡って、争奪戦が繰り広げられている。

1万円で新幹線・特急・普通列車が乗り放題

JR西日本は会社発足30周年を記念して「乗り放題きっぷ」を販売している。

大人1万円、子ども1000円で、JR西日本全線の新幹線・特急・普通列車の普通自由席が、2017年10月の土曜日・休日に1日乗り放題になるお得な切符だ。

出典:「JR西日本」press

出典:「JR西日本」press

1日限定3000枚が即完売

発売は利用日の1カ月前の午前5時半から。JR西日本ネット予約のみでの発売で、1利用日当たり3000枚限定。

きょう(9月21日)は、土曜日である10月21日分の「乗り放題きっぷ」の発売日。秋の行楽シーズンの切符ということもあり、販売サイトには早朝の発売開始直後から購入者が殺到した。

出典:「JR西日本」press

出典:「JR西日本」press

ネット上には「無理ゲー」という声

販売サイトは発売開始直後から繋がりにくい状態になり、早々に完売。

ネット上には「買えた」「ゲットした」という声もあったが、「買えなかった」という声がたくさん投稿されている。

「ログインすらできず…つながったと思ったら、もう完売。どうやったら買えるのでしょう?」と途方に暮れる人もいた。

定価の1.4倍でネット転売

ネット上を見てみると、10月21日(土)のきっぷ数十枚が早くも、定価を上回る価格で出品されている。

大人1枚(定価1万円)のきっぷが1万4000円、大人1枚+子ども1枚(定価1万1000円)が1万6000円、大人2枚(定価2万円)が2万9000円で落札されるなど、すでに取引が成立しているものも複数あった。

「100周年Suica」など希少グッズ過熱

近年、JRの希少なグッズ等の争奪戦が過熱している。

JR東日本が2014年に「東京駅開業100周年記念Suica」を限定発売した際には、駅に購入希望者が殺到。急遽販売が打ち切られ、買えなかった人が駅員に詰め寄るなど大混乱に。

JRは増産を決めて購入希望者全員に販売した。

2015年に発売された寝台特急「トワイライトエクスプレス」ラストランの前売り券も発売直後に完売。ネット上で高額転売され、物議を醸した。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング