シェア

2019年GWは「10連休」に?SEやサービス業からは悲鳴も

fotolia

fotolia

2019年のゴールデンウィークが「10連休」になるかもしれないと分かり、注目が集まっている。

2019年4月30日退位へ

菅官房長官は12月5日、天皇陛下の譲位について「皇室会議から施行日は2019年4月30日とすべきという意見が提出され、今後この意見を踏まえて施行日を定める政令案の作成に取り組む」と報告した。

8日の閣議で決定すべく、準備を進めているという。

政府は5月1日休みを検討

譲位に伴い、皇太子さまが翌5月1日に新しい天皇に即位され、あわせて改元も行われる見通し。この5月1日を臨時の祝日か休日とする方向で検討が行われていると、複数のメディアが報じている。

読売新聞によると、政府は5月1日を休みにすれば、新天皇の即位を国民を挙げて祝えるだけでなく、元号変更による国民生活への影響も抑えられるとみているそう。休みの日に改元することで、コンピューターシステムの変更による混乱などを避けられる見通しだという。

祝日なら10連休に

5月1日が「祝日」となれば、「祝日と祝日に挟まれた日は休日とする」という規定がある祝日法に基づいて前後の平日を休日にできるため、4月27日~5月6日までが「10連休」になる。

ただし、5月1日が「休日」になった場合は、その日のみが休みになるので10連休は実現しない。現在の天皇陛下の即位の儀が行われた1990(平成2)年11月12日は、祝日ではなく休日とされた。

fotolia

fotolia

ネット上には「迷惑」という声も

再来年のゴールデンウイークが10連休かもしれないという見通しに、ネット上では喜ぶ声が寄せられている。

一方で、こんな声も。

サービス業やシステムエンジニア、時給で働いている非正規雇用者など、手放しで喜べないという人も多いようだ。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking