シェア

【取材】伊藤園が「おにぎりアクション」で神対応!寄付上限を25万食→35万食に修正

提供:伊藤園

提供:伊藤園

おにぎりアクション2017で、上限を超える「35万食の給食」を寄付した伊藤園に取材した。

「おにぎりアクション」33ヶ国、50万人が参加

10月5日~11月15日まで、おにぎりの写真をSNS等に投稿すると、賛同企業が1枚につき100円を寄付し、アフリカやアジアの子ども達に給食5食を贈る「おにぎりアクション2017」が行われた。

♦「おにぎり写真」を投稿するだけで、世界の子供たちに給食が届くキャンペーン

開催した特定非営利活動法人TABLE FOR TWOInternationalによると、同キャンペーンに世界33ヶ国以上、のべ50万人が参加。42日間で合計16万枚を超える写真が投稿され、合計約100万食の給食をアジア・アフリカの子ども達に届ける結果となった。

伊藤園、35万食を寄附

同アクションの賛同企業として、日本から16社、米国に拠点を置く19社の計35社が参加。伊藤園は「お~いお茶」とおにぎりを一緒に撮って投稿すると、2倍(給食10食分)が届くタイアップ企画「お~いお茶 おにぎりアクション」を実施した。

提供:伊藤園

提供:伊藤園

同社は当初、寄附の上限を「25万食分」としていたが、想定より早いペースで多くの投稿が寄せられ、最終的になんと上限を大きく上回る3万5千の写真・動画が投稿されたそう。

これを受けて同社は、当初25万食としていた上限を変更し、投稿分にあたる「35万食」を寄付したのだ。

出典:「お~いお茶 おにぎりアクション」HP

出典:「お~いお茶 おにぎりアクション」HP

伊藤園「正直驚いています」

伊藤園の広報部に話を聞いた。

—–タイアップを決めた経緯を教えてください。

 「日本のお茶とおにぎり(和食)は、昔から誰かと誰かをむすぶ日本の宝もの」であり、当社はその素晴らしさをもっと広く伝える活動をしています。

おにぎりアクションは、世界とアフリカ・アジアのこども達をむすぶ本当に素敵な活動です。両者の想いが合致したことによりタイアップが決まりました。

提供:伊藤園

提供:伊藤園

—–約3万5千枚もの写真・動画が投稿されることを、予想していましたか?

昨年実績が10万食分の投稿だったので。まさか3.5倍になるとは全く予想していませんでした。正直驚いています。

今回のお~いお茶とおにぎりアクションの応援キャラクターである、スタジオジブリ制作の「となりのおにぎり君」のダンス動画投稿も対象とさせていただいたんですが、学生を中心に300投稿以上あり、非常に驚きました。

あたたかい気持ちに応えるべく、上限を修正

—–当初25万食としていた寄附上限をなくした理由は?

皆様の投稿内容が、単なるお~いお茶とおにぎりの写真ではなく、「こども達に給食が届きますように」など、本当にあたたかい内容ばかりだったからです。

その内容をみて、皆様のお気持ちにお応えすべく今回は上限を35万食まで上方修正し寄付することを決めました。発表後も、SNS上で、伊藤園の神対応などお褒めのお言葉をいただき有難く思っています。

提供:伊藤園

提供:伊藤園

—–同アクションに込める思いを教えてください。

次回もテーブルフォーツーさんの「おにぎりアクション」を通じて、日本のお茶とおにぎり(和食)で誰かと誰かをむすび、「ありがとう」が増える活動をしていきたいと思います。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング