シェア

【取材】給食が無くなる冬休み「栄養格差」が拡大…国際NGOが支援を強化

出典:「 グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

出典:「 グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

「ひとり親家庭への食糧支援」を行う、国際NGOグッドネーバーズ・ジャパンを取材した。

ひとり親家庭の「食」支援に申込殺到

国内外の子どもたちを守る国際NGOのグッドーネーバーズ・ジャパンは、学校が休みに入る冬休みに、ひとり親家庭への食糧支援を強化している。働くひとり親が受け取りやすいように臨時の配布日を設け、配布できる世帯数も拡大した。

希望日の3日前までの予約制で受け付けたところ、すでに12月および1月分は定員を超え、早々に予約を締め切らざるを得ない状況に。2月の予約は1月19日(金曜)から開始する予定だ。

栄養は「給食頼み」の家庭が

同組織は、世界35ヶ国以上で子ども支援等を行っている国際NGOグッドネーバーズ・インターナショナルの一員で、2004年にNPO法人として開設。2017年9月から、国内(主に都内)のひとり親家庭への無料の食糧支援「グッドごはん」をスタートし、毎月約100世帯に食品を提供している。

クリスマスやお正月など、子どもたちが楽しみにしている冬休みだが、学校が休みに入って給食がなくなることで、栄養が不足する子供が出る恐れがあるという。

東日本の小学5年生を対象にした調査[新潟県立大 村山伸子教授らの調査]によると、年収が下位3分の1のグループでは、給食のない週末は「お昼ご飯にアイス一本」「夕食抜き」などのケースもあるそうです。

年収が下位3分の1のグループ=ひとり親家庭というわけではありませんが、ひとり親家庭の50.8%が相対的貧困という状況からも、子どもの栄養摂取は給食頼みというひとり親家庭はある程度いると推測されます。

栄養不良は子どもの集中力にも影響し、生活や学習など、身体的な成長以外の差にもつながってくることがあるそう。そういった意味でもちゃんとご飯を食べる、ということは子どもにとって重要なことだという。

出典:「グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

出典:「グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

配布する食料は主に寄付

配布している食料は、主に企業や個人から寄付されたお米やレトルト食品、調味料など。現在は、日本初のフードバンク事業を行うセカンドハーベスト・ジャパンと連携して食品を調達している。

主に企業などから、まだ食べられるけど様々な事情で販売できなくなった食品を譲り受けて運営しています。

余ったものを寄付でいただくため、内容に偏りが出てしまうこともあるのは課題ですが、これだけの食品が廃棄になっていたのかもしれないと驚くこともあります。

食品の調達以上に大変なことは、それを運搬・管理することです。食品を寄付でいただくことができても、事業の運営には人件費を含め様々な費用が発生するので、寄付を募ったり、ボランティアで配送してくれる運転手の方などを募集したりしています。

出典:「グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

出典:「グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

出典:「グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

出典:「グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

「保護者不在でも食べられる食品」にこだわり

活動にあたってこだわっているのは、ひとり親家庭のライフスタイルに寄り添った食品を提供することだという。

子どもがいるひとり親世帯を対象としており、ほとんどの方が働いています。したがって保護者の方が不在の時にでも食べることのできるレトルト食品や、お菓子などは欠かさないようにしています。

100%手作りのご飯を食べさせたくてもそうできない状況もあると思いますので、利用者の方に寄り添いながら食品を提供し、子どもたちの成長を支えたいと思っています。

出典:「グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

出典:「グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

感謝の声、涙ぐむ利用者も

配布の対象となるのは、「ひとり親家庭等医療費助成制度(マル親)医療証」を持っている人。例外として、DV被害にあって夫から隠れて子どもと暮らしているなど、特別な事情がある人に渡したこともあるそう。

利用者からは、次のような声が届いているという。

「節約できた食費の分で、娘に暖かいコートを買いました」「新しい体操着が買えました」「カレーをいっぱい作ったらいつも以上に子どもがいっぱい食べてくれた」「息子と二人、パート勤務でぜいたくできないお給料で、食費を一番抑えたいと思っていたので、とても助かります」「たくさんの食料品をいただき大変驚いたのと感謝の気持ちでいっぱいです」などの声をいただいています。

やはり苦労されている方も多く、食品を受け取るときに涙ぐむ方もいらっしゃいました。

出典:「グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

出典:「グッドネーバーズ・ジャパン」Press Release

「生まれた環境で左右されない社会のために」

活動に込める思いをこう語る。

当団体はこれまでアジア・アフリカの途上国で子どもの教育支援などを中心に活動してきました。

日本の貧困は相対的貧困と言われ、命にかかわるほどの貧困ではないと言われてしまいがちですが、それぞれ別の苦しみがありますから、途上国と日本とで貧困の度合いを比較するのは意味がないと思います。国内外を問わず、子どもたちの将来・可能性が、その生まれた環境によって左右されることのない社会をつくるために私たちは活動しています。

今は事業を開始したばかりで食品を渡せる範囲が限られているが、今後はより支援を必要としている、より多くの子どもの保護者に、栄養のある食べ物を提供したいと考えているという。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング