シェア

仮眠や授乳にも!「カーシェア」の意外な使い方に驚きの声

イメージ写真/fotolia

イメージ写真/fotolia

「カーシェア」の意外な使い方が明らかになり、驚く声が寄せられている。

5人に1人が「移動以外」で使いたい

自動車を共同で利用する「カーシェアリング(カーシェア)」。

自動車を保有する負担や手間を軽減できることなどから利用者が増加しており、2017年3月時点でカーシェアの会員数は約108万6000人(前年比28%増)、車両台数は約2万4500台(前年比24%増)と、市場は拡大し続けている。

NTTドコモは1月9日、首都圏在住の800名を対象にした意識調査の結果を発表。それによると、カーシェア利用者400人中、約5人に2人はカーシェアを「移動以外の用途で使いたい」と考えており、約8人に1人は実際に移動以外の用途で使ったことがあるという。

カラオケや授乳など意外な用途

利用者400人に「移動」以外の使い方を聞いたところ、最も多かったのは「仮眠」。

他にも、「電話場所」「暑さ、寒さを避けるため」「着替え」「コインロッカー替わり」などさまざまな回答があり、中には「カラオケやラップの練習」や「小顔体操」「授乳」といったユニークな使い方もあった。

ネット上に「その発想はなかった」と驚く声

調査結果を受けて、ネット上にはさまざまなコメントが寄せられている。驚く声もあるが。

一方で、「なるほど」と納得する声や「終電後の寝場所として使っている」という人、「他にもさまざまな使い方ができるのでは」と指摘する声も。

カーシェアの利用シーンは今後、さらに広がっていきそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング