シェア

【取材】「芸術的なソフトクリーム」が話題!替玉もできる

提供:ついんスター

提供:ついんスター

芸術的なソフトクリームについて、アイスクリーム専門工房「ついんスター」に取材した。

熊本県のアイス専門工房が開発

熊本県菊池市のアイスクリーム専門工房「ついんスター」は、独創的な形の「芸術ソフト」を販売している。税込340円。替玉もできる。

提供:ついんスター

提供:ついんスター

行列ができるほどの人気となっており、ネット上でも「新しい」「珊瑚礁のよう」「キレイすぎ!」「凄い」「インスタ映えする」「食べてみたい」と話題に。「贈りたい」「家でも食べたい」という声に応えるべく、通信販売も始めた。

「びっくりするようなフォルムを」と試行錯誤

同店は2000年の元旦にオープン。新鮮な朝絞り乳をベースに、濃厚ながら後口がサッパリしたアイスが日々誕生しており、この「芸術ソフト」はオープン当初から販売している同店の原点だという。

「普通のソフトクリームよりも、来店されたお客様がビックリするようなフォルムを」と考え試行錯誤した結果、ミルククラウンをイメージしたあのような形になりました。

商品化にあたっては、見た目だけでなく味にもこだわったそう。

珍しいだけではなく、味もしっかりしていないと再来店は見込めませんので、味には非常にこだわっており、現在でも時代の流れに合わせて変更したりしてます。

特に、夏と冬とでは味覚も異なりますので、季節によっての味わいの変更は行っております。また、あの形をキープするのためのソフトクリームの硬さや粘度などは何度も試作を繰り返しました。

なお、作り方は企業秘密だという。

提供:ついんスター

提供:ついんスター

習得には相当の期間が必要

繊細なビジュアルだが、全従業員が同ソフトを作ることができるのだろうか?また、新人スタッフが作り方を習得するのは大変そうだ。

現在、当店のスタッフはベテランが多いので、基本的には出来ます。新しい方が綺麗に作るにはやはり相当の期間が必要です。

アイスでは珍しい「替玉」システムを採り入れた理由を聞いた。

なんとなくテレビを見ていた時に、ラーメンの替え玉をやっていて、アイスでも出来たら面白いかも!と思いやってみました。当初は食べ足りない男性がターゲットでしたが、実際は女性の方が多く利用します。

提供:ついんスター

提供:ついんスター

素材の味を最大限生かし、一体化

同店はアイスクリーム企画・開発・製造歴30年以上の技術を生かし、年間約200種類のアイスを開発しており、一流料亭などのオリジナルアイスの開発製造も手掛けているそう。2013年にオリジナル商品「干栗搾りアイスクリーム」が熊本県商工会連合会主催の「肥後もっこすのうまかもん」人気投票で銀賞を獲得するなど、同社のアイスは高く評価されている。

アイスを開発する際に大切にしていることを、こう語る。

OEM生産(他社ブランドの製品を製造する)の場合は、生産者にしっかりと話を聞いて、必要であれば畑も拝見させていただきます。その上で、生産者が丹精込めてつくった作物の味を最大限生かしつつ、菊池市の牛乳の美味しさもしっかりと伝わるような味わいに仕上げています。

また、販売する地域の特性も踏まえて分量を変更しています。

各地方の原料に西日本一の酪農王国・菊池の乳製品を一体化させた美味しいアイスを日々生み出している。

提供:ついんスター

提供:ついんスター

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング