シェア

関東などで“大雪”のおそれ…ネット上に「帰れるのか?」という声も

fotolia

fotolia

関東などで大雪が予想されている。

22日昼頃から「大雪」のおそれ

関東甲信地方や東北地方で22日昼頃から23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降り、東京23区など平野部を含めて大雪になるおそれがあるという。

出典:「気象庁」HP

出典:「気象庁」HP

国土交通省と気象庁が21日に同時に発表した資料によると、23日6時までに予想される24時間降雪量は多いところで東北地方の太平洋側で30~50センチ、甲信地方や関東地方北部の山沿い、箱根から多摩地方や秩父地方にかけて20~50センチ、関東地方平野部で10~40センチ。東京23区でも5~10センチ。気象庁は東京地方に大雪注意報を発表している。

国交省「不要求の外出は控えて」

国交省は21日に大雪に関する緊急発表を行った。

大雪による立往生等に警戒が必要と述べ、「不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合にはチェーンの早めの装着等をお願いします」と呼びかけ。

また、電線や架線、樹木への着雪、なだれなどに注意が必要との。大雪が予想される地方整備局では、道路交通の確保ができる対応を24時間体制で行う予定だという。

2014年の大雪で約1600台が立ち往生

2014年2月に関東甲信などで記録的な大雪となった際には、全国で死者や負傷者が発生し、建物も全壊16棟、半壊46棟、一部破壊585棟の被害を受けた。

停電や水道被害、電話の不通や農作物の被害、道路の通行不能や鉄道の運休、航空機の欠航等が発生。特に関東甲信地方を中心に、交通障害や交通の途絶による集落の孤立が、複数の都県にわたって起こった。

普段雪が降らない地域で発生した記録的な大雪により、高速道路や国道でノーマルタイヤの車両が立ち往生したのをきっかけに大規模な立往生が発生。国道での車両の立ち往生数は約1600台となり、最長4日解消せず、人の流れや物流に大きな影響を与えたという。

ネット上に「帰れるのか?」という声

大雪の予想を受けて、ネット上にはさまざまなコメントが寄せられている。大雪に備えて「休みになった」「早退する」という人もいるが。

「帰れない」「休めない」という人も多い。

「帰宅難民が発生するのでは…」と心配する声が寄せられている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング