シェア

【取材】地下鉄車内で“BGM”がスタート!テーマは「癒し」

提供:東京メトロ

提供:東京メトロ

地下鉄車内での「BGM放送」試行運用について、東京地下鉄(東京メトロ)広報課に取材した。

日比谷線車内でBGM放送

東京メトロは1月29日(月)から日比谷線13000系車内で日中時間帯の一部運行で「BGM放送」の試行運用を始めた。「より快適な車内空間の演出」が狙いという。

運行区間は日比谷線の中目黒駅~北千住駅間で、運行時間は次の通り。東武スカイツリーライン内はBGMを流さず、事故や荒天等の理由でダイヤの乱れが生じた場合も流さない可能性がある。

通勤用列車の営業車列内でのBGM放送は国内初の取り組みという。当面の間運行する予定で、利用者からの意見を基に、今後の有効性を検討していくとしている。

トラブルをきっかけに検討

地下鉄でBGMを流すという発想は、あるトラブルがきっかけで生まれたという。

2017年3月にデビューした新型の13000系車両は、車内案内放送のさらなるサービス向上を目指し、聞き取りやすい高音質の放送システムを導入。イベント列車の運行時や車両点検時のスピーカ試験用に、BGM機能を搭載している。

そんな同車両の車内で同年7月、チャイコフスキーの「花のワルツ」が約40分間にわたって流れるトラブルが発生した。

車両基地での検査において、イベント用の音楽を確認した際に、そのままの状態で営業運転を行ってしまったことが原因です。

このトラブルについて同社には賛否さまざまな意見が寄せられたという。

一部のお客様から「導入してはどうか」という前向きなご意見を頂戴し、車内でのBGM放送の実施に向けて検討を進めてまいりました。

提供:東京メトロ

提供:東京メトロ

選曲は「癒し」がテーマ

局は、ドビュッシーの「月の光」やショパンの「ノクターン」、Mitsuhiroの「そよぐ緑」などを流す予定だ。

『癒し』をイメージしたクラシック音楽やヒーリング音楽を選定いたしました。

放送時間や期間に配慮

BGMの放送について、ネット上には「大賛成」「優雅で良い」「別に変だとは思わない」など賛成意見あるが、一方で「聴きたくない音楽は逆にストレス」「やめて欲しい」という声も寄せられている。どのような配慮をしているのか聞いた。

今回は、賛否が分かれる施策であるため、ご利用いただくお客様が比較的少ない日中の時間帯に限定して実施するとともに、期間限定での実施とし、お客様の声をもとに今後のあり方を検討していきます。

提供:東京メトロ

提供:東京メトロ

BGM試行に込める思いをこう語る。

「癒し」をテーマに選曲をしておりますので、BGM放送をお聞きになったお客様から「癒された」というお言葉をいただけたら幸いです。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング