シェア

2月を1ヶ月休む働き方!石垣島「辺銀食堂」に聞く休みへの考え方

石垣島 辺銀食堂/Facebook

石垣島 辺銀食堂/Facebook

1ヶ月まるまるの休みについて、石垣島の辺銀食堂に取材した。

「辺銀食堂」2月はずっと休み

長時間労働など働き方が社会問題になっている日本。政府は2020年までに有給取得率70%を目標に掲げているが、2016年の有給取得率は49.4%といまだ半分にも満たない状況だ。

そんな中、1ヶ月まるまるの長期休暇を設ける店舗がある。銀座の老舗カレー店「ナイルレストラン」は、従業員のインド帰省のため、1月半ば~3月1日まで長期休暇に。石垣島ラー油で有名な石垣島の「辺銀食堂」も、HPのカレンダーを見ると2月はまるまる休み。東京・渋谷区の「カタネベーカリー」は毎年約1ヶ月の夏休みをとっている。

「祝日振替」や「有給消化」「里帰り」など

なぜ、1ヶ月もの長期休暇を設けるのか。沖縄県石垣市「辺銀食堂」の辺銀愛理さんに話を聞いた。

辺銀食堂は、島野菜やもろみ豚、石垣牛など地元食材を取り入れた独自の調理スタイルで、「自然」と「健康」がコンセプトの人気レストラン。オーナー夫妻が作った「石垣島ラー油」は数年前に大ブームを巻き起こし、夫婦をモデルにした映画も制作された。

—–なぜ、1ヶ月まるまる休みなのですか?

ペンギングループは基本的に週休1日。毎週日曜日が定休となっているので、祝日は出勤してもらっています。なので、年間16日間ある祝日をまとめて2月にとってもらおう、という事で。プラス、使い切れてない有給も消化してもらう月にしています。

あと、弊店のランチシェフがスリランカ人なので、里帰りしやすいと良いな、とか、日本では長期休暇が取りにくいと言われているので、小さな弊社ならそれができたら良いな、とか、色々な意味も込めての1ヶ月休暇です。

スタッフからも好評

—–ラー油の生産もお休みされるのですか?

はい。みんな旅行とか家族サービスに行くので。

でも、休みたくない、と言うスタッフの為に作業がたくさんあるので、出勤する人もいます。

—–1ヶ月まるまるの休みについて、スタッフの反応は?

「今まで何十年も働いてきて、こんなに長く休める事がなかったので嬉しい!」とか、「長い休みがないと行けない遠い国へ旅行に行けます!」とか、「日頃じっくりと家族と過ごせないので、この長期休暇中は家族とベッタリ過ごします!」とか、「習いたい事があるので、この休暇中に学んで来ます!」とか、ほんと、それぞれですね。

—–お休みの間、何をして過ごされる予定ですか?

私たちペンギン家は旧正月でもあるので、主人の故郷の中国へ里帰りして、両親や叔父や叔母、妹や弟家族、友人たちと新年を祝います。あとは、自宅のリフォームやペンギンガーデンの作業、息子サービスなどです。

「しっかり休めないのはおかしい」

—–日本は有給取得率が低く、なかなか休めないという人も多く社会問題となっています。このことについて、どう思われますか?

しっかり休めないのはおかしいと思います。

2月の長期休暇の後、だいたい3月の春休みを利用してスタッフ全員+スタッフの家族たちと海外研修へ行くのですが、みんな2月の長期休暇の後は心も身体もリフレッシュして別人の様です。仕事も大事だとは思いますが、心と身体を休める事って仕事以上に大切な事ではないか、とつくづく感じています。

よく喩えられることですが、ジャンプする為にはしっかりしゃがんで全身の筋力を使って飛ばないと高く飛べませんよね?ジャンプした高さが仕事で、休暇が身体の柔軟性や筋力になるのではないかなぁ、と思っています。

欧米の人たちが何ヶ月も休暇がとれたりするのは、決して経営者や働く人だけの問題ではなく、国も大きく関わっていると指摘する。

雇用しているスタッフの賃金を上げられるように会社経営を楽にし、また、それだけ高い税金を徴収するのであれば、教育費や医療費を無料にしたり、税金も安くしていかなければ、欧米の様にはなかなかできないのも辛いところですね。

あ、弊社も日本のイチ企業ですが、社長の涙ぐましい努力で長期休暇や海外研修を実施しております(笑)

 

Posted: |Updated:

Text by

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング