シェア

【取材】カラスの羽で作った切り絵が美しい!制作者「綺麗な羽の鳥だと思ってほしい」

烏海@emergence展/Twitter

烏海@emergence展/Twitter

「カラスの羽で作った切り絵」について、制作者の烏海さんに取材した。

カラスの羽の美しい切り絵

切り絵やイラストを制作している烏海さん(@_ukai_)は先日、カラスから抜け落ちた羽で作った切り絵を公開した。

「カラスが留まった木々やビル、電柱などが並ぶ街の風景」や「カラスと枝」の繊細で美しい姿が、切り絵で見事に表現されている。

ネット上で「綺麗」「凄すぎる」「幻想的」「美しくもカッコいい」「震える」「素晴らしい」と話題になっている。

「興味を引けないか」と作品に

制作した烏海さんに話をきいた。

—–カラスの羽で切り絵を作ろうと思った経緯を教えてください。

道端に落ちているカラスの羽は実はとても綺麗で、飾ったり眺めたりして楽しめる、素敵な自然の落し物なのですが、誰も見ようとする人はいません。

落ちてるものなので人が見ようとしないのは当たり前なのですが、どうにか色々な人の興味を引けないかな、と思い、趣味で制作している切り絵と合わせて作品に仕上げました。

—–お名前に「烏(からす)」と入っていますが、もともとカラス好きなのですか?

生き物すべてが昔から大好きです。鳥が一番好きなので、烏(からす)も大好きです!

約1週間かけて制作

—–制作にかかった時間を教えてください。

1週間ほど時間がかかっております。

—–工夫・気を付けた点は?

作品としての強度保持のための補強や、見せ方を考えながら制作をしております。

—–「羽」という通常と違う素材での切り絵は、難しくなかったですか?

とても難しかったです。多少補強はしているものの、羽には変わりないのでフワフワと飛んでいってしまったり、大変でした。

綺麗な羽をもった鳥と知って欲しい

—–最後に、作品に込める思いを教えてください。

カラスは基本的に忌避されがちで嫌われやすい存在なのですが、作品を通じてカラスに興味を持ってもらったり、少しでも「綺麗な羽をもった鳥なんだな」と思っていただければと考えております。

※記事内の画像は烏海さんの許可を得て掲載しています。他サイトへの転載はご遠慮ください。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング