シェア

2018年も「保育園の不承諾通知」買い取りを実施!ベビーシッター利用ポイント1万円分に

kidsline_colors/Instagram

kidsline_colors/Instagram

2017年に続き「保育園の不承諾通知を買い取る」キャンペーンが実施されている。

不承諾通知を「1万円分」で買い取り

オンラインベビーシッターマッチングサービスを展開する「キッズライン」は2月7日から、保育園の不承諾通知を同サービスの利用ポイント1万円分で買い取る「不承諾通知買取キャンペーン2018」を実施している。

2018年に認可保育園の選考で「不承諾(利用不可・保留など)」の通知を受けた人を対象に、同社のベビーシッターマッチングサービスの初回利用限定ポイント「1万円分」をプレゼント。同ポイントで1回2~3時間の場合、3回ベビーシッターを利用できる。

提供:キッズライン

提供:キッズライン

応募方法は、キャンペーンサイト下部にあるツイートボタンからツイート、もしくはSNSのキャンペーン記事を「いいね!」や「シェア」した後、応募フォームに必要事項と不承諾通知の画像を添付し申し込む。

買い取り期間は3月11日(日)まで。ポイントの利用期間は4月30日(月)までとなっている。

提供:キッズライン

提供:キッズライン

「社会の流れを明るくしたい」とスタート

同キャンペーンは2回目。イロリオは昨年、画期的なこのサービスについてキッズラインに取材した。

キャンペーンは「保育園に落ちた保護者らの絶望を丸ごと引き受けたい」「社会の流れをちょっとでも明るくしたい」という思いから生まれた企画。

不承諾通知を買い取ることで、「ベビーシッターを無料で使ってもらってリフレッシュしてほしい」「保育園に落ちてしまった場合には、ベビーシッターという選択肢があることを知っていただきたい」という願いが込められているという。

【取材】保育園の「不承諾通知」を1万円分で買い取り!画期的なキャンペーンに込める思いとは

2017年は100件の買い取り実績

キッズラインによると、昨年は「不承諾通知を1万円で買い取る」という発想を前向きに受け取られてインターネット上で“すごい勢い”で広まり、取材が殺到したという。「ママの気持ちを明るくするいい活動だね」と多くの人々から応援が届き、会社を知ってもらう機会も増えたとしている。

昨年は、100件の不承諾通知の買い取りを行いました。

すごく評判が良くて、保育園に落ちた方の救いになったようです。「こんな方法もあるんだ」と。

キャンペーンに参加してベビーシッターを利用した保護者からは、「素敵なシッターさんとの出会いがあった」という反響が一番多く寄せられたという。

保育園だけが頼みの綱と思っていた親御さんにとって、いざという時は、ベビーシッターという選択肢もあるのだと知っていただけたのは嬉しかったです。

シッターさんって実際に会ってみると素晴らしい方が多くて、感動したと言われました。

ベビーシッターの利用が初めてという方が多かったですが、値段が安く、スマホで予約から決済までできる便利さも喜ばれました。

「いつでも頼れる存在があると知って欲しい」

2回目のキャンペーン実施は、「厳しい状況を乗り越えて、前向きに子供と一緒に人生を再スタートしてもらいたい」という思いからだという。

昨年は大変評判が良かったので、今年もママたちに喜んで頂きたいという気持ちでスタートしました。

日本ではベビーシッターという育児方法に馴染みがあまりないので、多くのママたちは子育てを1人でしていく不安もあると思います。でも、いつでも頼れる存在があるということを知ってほしいですし、育児をもっと楽しめる大きなきっかけになればいいなと社員一同頑張っております。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング