シェア

【取材】無防備すぎる「動物の寝相」が可愛い!春~秋の穏やかな日中が狙い目

長崎バイオパーク公式/Twitter

長崎バイオパーク公式/Twitter

思わずビックリしてしまう「動物の寝相」について、長崎バイオパークに話を聞いた。

「心臓に悪い動物の寝相」が話題

長崎県西海市にある動植物園「長崎バイオパーク」の公式Twitterアカウント(@ngsbiopark)が、「#飼育員の心臓に悪い動物の寝相コンテスト」というタグの画像を公開している。

「仰向けで寝るムツオビアルマジロ」や「横に倒れたアルパカ」、「手をバンザイして仰向けで眠るアライグマ」など、驚くような体勢で眠る動物たちの様子が投稿されている。

ネット上で「可愛い」「笑った」「野生の本能が吹き飛ぶほど、リラックスしてますね」「たまらん」「警戒の“け”の字もない」など話題になっている。

担当者「リラックスしているからこその姿」

長崎バイオパークの担当者に話を聞いた。

—–撮影時の状況を教えてください。

日中の園内巡回中や飼育管理作業中に撮影しました

—–無防備な寝姿は、それだけリラックスしているということですか?

はい、外敵などの心配が無い環境でリラックスしているからこその姿だと思います。

ウトウトして転がる動物もいるという

不安定な木の上で凄い寝相の「アライグマ」の写真もある。

長崎バイオパーク公式/Twitter

長崎バイオパーク公式/Twitter 「アライグマ」

—–寝ている最中に落ちたりしませんか?

アライグマが落ちた現場は見たことがありませんが、ひなたぼっこ中のミーアキャットが後ろに転がったところを目撃した事はありましたので、人知れず落ちてしまっているのかもしれませんね。

心配して通報が来ることも

—–お客さんの反応を教えてください。

たまに心配して園内からわざわざ電話をかけて来て下さる方もいらっしゃいます。念のため飼育員が確認しに行き、問題ないことをお伝えすると安心されるようです。

—–寝姿を見られる確率が高くなるタイミングは?

気候の良い春から秋にかけての穏やかな日中がいいのではないかと思います。

動物たちの無防備な寝姿を見に、ぜひ長崎バイオパークを訪れてみてはいかがだろうか。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング