シェア

提供:日本郵便

提供:日本郵便

「郵便局での荷物預かりサービス」について、日本郵便の広報室に取材した。

郵便局で「荷物一時預かり」スタート

東京や神奈川の一部の郵便局で先日、「荷物一時預かりサービス」の試行実施が始まった。

料金は1個あたり、最大辺の長さが45センチ未満の「バッグサイズ」が300円(税込)/日、最大辺の長さが45センチ以上のスーツケースサイズが600円(税込)/日。

荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」から事前予約・決済をして郵便局に荷物を持っていけば、予約画面を見せるだけで簡単に預けることができる。

提供:日本郵便

提供:日本郵便

将来的に「全国の郵便局」へ

同サービスは2月21日から、東京都の「東京中央郵便局」「新宿郵便局」「渋谷郵便局」と神奈川県の「横浜中央郵便局」「鎌倉郵便局」でスタート。

3月1日からは、銀座の「銀座通郵便局」や箱根の「箱根強羅郵便局」など東京と神奈川の26局でも預かりを開始へ。まず年間1万人の利用を目指すという。

提供:日本郵便

提供:日本郵便

試行実施でさまざまな立地の郵便局での荷物預かり需要について検証し、将来的に全国の郵便局への導入実現に向けて、取り組みを進めていくという。

旅行から日常まで、幅広いシーンを想定

日本郵便の広報担当者によると、同サービスの導入を決めたのは「手荷物の悩み」解消に貢献するためだという。

郵便局の新たな利活用方法を模索する中で、革新的なサービスを持つecbo様と協業することで、手荷物に関する悩みの解決に貢献ができると考え、今回の試行実施に至りました。

どのような利用シーンやターゲット層を想定しているのか聞いた。

訪日外国人だけでなく、国内の旅行者や地方からの就活生、お子様連れでのちょっとしたお出かけ時のベビーカーなど、様々なシーンでご利用いただけると考えています。

日をまたいで預けることも可能で、最長10日まで預けることができるという。

全国2万局のネットワークが強み

現在、コインロッカー不足が問題となっている。今後も訪日観光客の増加などでさらなる荷物預かりの需要拡大が想定されており、荷物一時預かりサービスの「ecbo clock」は、JR東京駅や百貨店、カフェ、美容院など、さまざまな場所や店舗への同サービス拡大を進めている。

郵便局ならではの強みを聞いた。

郵便局ならではの安心安全に加えて、全国約20,000局の中から、ニーズに応じて最適な立地等の郵便局で展開していけることだと考えています。

提供:日本郵便

提供:日本郵便

同サービスに込める思いとビジョンを、こう語る。

ecbo様と一緒に、誰でも簡単に荷物を預けることができるという世界を創っていきたいと考えています。

また、このサービスを通じて、地域に根ざす郵便局のことを、改めて多くの方々に知っていただきたいと考えています。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング