シェア

850万円は高い?安い?「羽生結弦選手のスケート靴」をサマンサタバサが落札

イメージ写真/fotolia

イメージ写真/fotolia

チャリティオークションに出品された「羽生結弦選手のサイン入りスケート靴」が850万円超で落札され、話題になっている。

羽生選手の「スケート靴」約850万で落札

東日本大震災のチャリティオークションとして、ウェブベルマークがヤフオク!に出品した「羽生結弦選手 直筆サイン入りスケート靴(エッジなし)」が3月11日、850万1000円で落札された。

羽生結弦選手が練習で使用した26.5センチのスケート靴で、左右両方に直筆サインが書かれている。

オリコンによると、落札したのは女性向けブランド「サマンサタバサ」。同社の仙台店が営業を再開する際に受けた支援への感謝を伝える良い機会だと考え、スタッフに有志で寄付を募ったところ、国内外から約8600口のチャリティが集まり参加したという。

落札金額は必要経費を除いてベルマーク教育助成財団に寄付され、東日本大震災の被災校への支援活動に充てられる。

2度やり直し、一時1億越えも

今月5日に、50万円以上での入札希望の場合は事前連絡の上入札するとルールを定めて出品したところ、翌日に3550万1000円まで高騰。未連絡での高額入札が相次いだため、出品が一時停・再出品となった。

しかし、またも未連絡の入札が相次ぎ、8日午後1時過ぎにはついに1億円を超えたため、再度やり直しに。

「1.事前に入札予定を連絡していない入札者は、即時入札取り消しおよびブラックリストに登録」「2.メール連絡した場合でも、入札予定価格を超える金額入札の場合、1と同様の措置」というルールを設け、再出品された。

ネット上には「展示を期待」という声も

約850万円という落札価格について、ネット上にはさまざまなコメントが寄せられている。

驚く声や「高い」という意見もあるが。

一方で、こんな声も。

サマンサタバサの落札を受けて、「いい結果に落ち着いて嬉しい」「ちゃんと志がある方々に渡って良かった」と喜ぶ声や、「美談にも宣伝にもなって、客寄せにも使えて一挙両得ってレベルじゃない」「各店舗で展示されることを期待して、楽しみに待ってます」といった声がよせられている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング