シェア

【撮影者に取材】水墨画のような「鳥居の写真」が神々しい!撮影のこだわりは?

すみのふ(@smirnoff_1006)/Twitter

すみのふ(@smirnoff_1006)/Twitter

幻想的な「大洗磯前神社 神磯の鳥居」の写真について、撮影者に取材した。

「水墨画のような鳥居の写真」に15万超いいね

すみのふ(@smirnoff_1006)さんは先日Twitterに、茨城県大洗町にある「磯前神社の神磯の鳥居」の写真を投稿した。

岩場に建つ鳥居の足元に溜まった海水が、滝のように海に流れ落ちる水墨画のような幻想的な光景。自身も「本当に俺が撮ったのか…信じられねぇ…」とコメントしている。

ネット上で「素晴らしい景色」「雲の上みたい」「神秘的に神々しい」「めちゃめちゃ幻想的」「鳥肌立った」「CGと言われた方がリアリティを感じるレベル」「やるじゃん、茨城県!!」と話題に。

同ツイートは投稿から4日で3万6000超リツイート、15万超いいねされている。

波が4メートル越えの日を狙い撮影

すみのふさんによると、同写真は2018年3月22日の午前10時半~11時半ごろに撮影したという。

朝起きてから沿岸波予想サイトで大洗海岸の波が4メートルを超えていることを確認し、現地へ向かいました。

現地では予想通り、波が何度も鳥居の岩場へ打ち付けられていて飛沫が立っていたり、海面もやや白く泡立っていました。

撮影にあたり「工夫した点」を聞いた。

この日は曇りでしたが十分に明るかったため16段減光のNDフィルターを使用しました。今回使用したNDフィルターはND65536です。

これを使用したことによって60〜150秒のシャッタースピードを得ることができました。

NDフィルター(ニュートラル・デンシティーフィルター)とは、眼でみえる範囲の光を均等に吸収するよう設計されたフィルター。発色に影響をあたえることなく、光量だけを少なくする。

ネット上で大反響になっていることを、どう思っているのか。

たくさんの方に見ていただけて大変嬉しく思います。これからも心や記憶に残る写真を撮っていきたいです。

風景写真を中心に撮影

すみのふさんは普段、「風景写真」を中心に撮影しているという。

特に国営ひたち海浜公園は四季によって表情が変わり撮っていて飽きません。

山に入ることもありますが、この時期は花粉症のせいで撮影どころではなくなってしまいます(笑)

これからの季節はどこの桜を撮ろうかとワクワクしてます。

すみのふさんイチオシ・お気に入りの写真がこちら。

・『1本桜』

2017年4月に茨城県水戸市 偕楽園で撮影した左近の桜です。

提供:すみのふ(@smirnoff_1006)さん

提供:すみのふ(@smirnoff_1006)さん

・『星空』

2017年12月に茨城県常陸太田市 プラトーさとみで撮影したふたご座流星群です。

提供:すみのふ(@smirnoff_1006)さん

提供:すみのふ(@smirnoff_1006)さん

・『池に映った梅』

2018年3月に茨城県水戸市 偕楽園で撮影した梅です。

提供:すみのふ(@smirnoff_1006)さん

提供:すみのふ(@smirnoff_1006)さん

写真撮影に込める思いを、こう語る。

移りゆく情景を1枚の写真に収めたい。

写真はその一瞬を切り取ることができますが、今回話題にあげていただいた写真のように時間経過による風景の移り変わりを写すこともできます。

特にそのような風景の移り変わりを写す場合は、静と動をうまく表現したいと思っています。

静かに佇むものと動き変わりゆくものが同時に存在することで、お互いに引き立つと考えています。

私は2分や3分、長い時には1時間以上シャッターを開けることもあります。そうして撮影している間に感じる空気や温度がとても好きです。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング