シェア

【TOTOに取材】自ら発電する「エコリモコン」が優れもの!リケジョが3年かけ開発

提供:TOTO

提供:TOTO

自ら発電する「エコリモコン」について、TOTO株式会社の広報担当者に取材した。

発電する「エコリモコン」が話題

TOTOの「エコリモコン」が注目を集めている。

エコリモコンは、ボタンを押す力を利用して自ら発電し、通信に必要な電力を全てまかなうことができる電池が不要な電波式リモコン。

電源工事や電池交換の必要が無く、省施工性・省管理性を両立させており、節電・資材削減で環境貢献もできる。

提供:TOTO

提供:TOTO

ネット上で「知らなかった」「素晴らしい」「優れもの」「意識高い」「電池不要は公共施設にピッタリ」「ランニングコストがかからないのは、施工側としても利点多い」と話題になっている。

リケジョ(理系女子)が3年かけ開発

広報担当者によると、エコリモコンはある女性社員が3年かけて開発したという。

駅や学校、ショッピングセンターなどパブリック向けのトイレではこれまで、「電池式」と「100V電源式」のリモコンが使われていた。

しかし、パブリックトイレは家庭用に比べると使用頻度が桁違いに多いので、「電池式」の場合は電池切れが頻繁に起こりやすく、定期的な交換が管理者の手間に。また、「100V電源式」は、オフィスなど設置数が多い設置先では施工工事が大変だった。

そこで、自分で発電できて電波を飛ばすリモコンが作れれば、これまでのデメリットをカバーできるのではないかと発案しました。

すでに運動エネルギーを電気に変える小型発電機が世の中に出始めていたので、「これをリモコンに応用すればいいのでは」と考え、電波通信技術の低消費電力化と発電機の発電量の収支バランスが取れたタイミングで、エコリモコンの開発をスタート。

担当した女性社員は研究を行っていた茅ケ崎の研究所から小倉の開発部署に異動して開発に携わり、ついに商品完成にこぎつけた。

提供:TOTO

提供:TOTO

こだわったのは「押し心地」

開発において、特にこだわったのは「押し心地」だという。

不特定多数の人が使うパブリックトイレなので、何らかの障害を持っている人もご利用されます。そのため、指そのものだけでなく手の甲でも押せ、またできるだけ軽い力で押せるように大きさや形を工夫しました。

押す力を電気に変換するので従来の電池式リモコン等に比べて力が必要ですが、それをいかに弱く、押しやすくするかにこだわりました。

そうして、軽いのにしっかりした押し心地の「ピアノキースイッチ」を開発。表面の滑らかさや、美しいカーブ、材質にも徹底的にこだわったという。

提供:TOTO

提供:TOTO

およそ65%が「エコリモコン」を選択

2014年10月にパブリック向けウォシュレットの選べる付属パーツとして発売したところ、電池交換不要などの特性が評価され、2017年度は「電池式」か「エコリモコン」か選べる同社のスタンダード商品「PS」で、およそ65%の人がエコリモコンを選んだという。

2015年には電波の有効利用に大きく貢献したとして、トイレ機器用リモコンとして初めて電波功績賞を受賞した。

現在、パブリックでのウォシュレット設置が当たり前になっています。

新築だけでなく改修で導入するケースも増えており、観光地などでは訪日外国人観光客の急増もあって、和式トイレを洋式に変えるケースも増加しています。今後、ウォシュレットのニーズはますます高まると思われます。

提供:TOTO

提供:TOTO

家庭用の発売予定は現状ない

エコリモコンは「パブリック(公衆)」向けで、家庭用を発売する予定は現状では無いそうだ。

というのも、家庭用となると便座の温度調節やオート機能のオンオフなどさまざまな設定が必要になるので、9個という現在のボタン数のままでは厳しいからだ。ボタン数を増やせば押し辛くなったり分かりづらくなったりするし、操作を増やせば煩雑になってしまう。

家庭用トイレはパブリックより使用頻度が低く電池切れになることもそうないので、ユーザー目線に立った時に、現状ではオススメはできません。

さまざまな「利用者」の目線を追求

エコリモコンに込める思いを、こう語る。

エコリモコンは「利用者目線」を追求した商品です。

利用者とは、トイレを使う人だけでなく、清掃する人、施設主、施工する工事関係者などさまざまです。

いろいろな人の立場を考え、エコリモコンを使ってもらうことでトイレに関わる様々な人が、電池交換がいらない、メンテフリー、施工が楽、電池切れの心配がないなど、末永く安心して使ってもらえるように工夫しました。

エコリモコンはボタンが9つあるが、発電機は左下の一ヶ所のみ。そのため、コストの削減にも繋がる。

エコリモコンを使うことで多くの人の利便性を高め、ニーズに応えていくように心を込めています。

提供:TOTO

提供:TOTO

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング