シェア

【取材】「武器になる」「鬼畜の所業」…ベルメゾンの“商品コメント”が強烈すぎる

出典:「ベルメゾンネット」HP

出典:「ベルメゾンネット」HP

インパクトが凄い「商品へのひと言」について、千趣会に取材した。

商品への「ひと言」が強烈と話題

千趣会のオンラインショップ「ベルメゾンネット」の、家具・収納を紹介するページ「こんなのも売ってます。」が話題になっている。

「とりあえずひとこと言いたいので ちょっといいですか」という項目を見ると、アンティーク調のメタル塗装を施した太陽モチーフの掛け時計の画像の上に「いざというとき武器になる」という予想外のひと言。

柴犬の傘立てには「鬼畜の所業」と強烈なツッコミが書かれている。

他にも、パンをモチーフにした商品を紹介する「1日3食(●人●)パァン)」や、ディズニーファンタジーショップ商品の紹介にも個性的なコメントが。

ネットユーザーに「商品に対して、本気でボケてる」「素晴らしいセンス」「これ考えた人天才だ」「ツボすぎる」「楽しい」「笑った」「こういう企業っていいよね」「このスタッフさんと友達になりたい」と絶賛されている。

「商品を知って欲しい」と開設

千趣会ライフスタイル販売部インテリア販売チームの和田朋乃佳さんによると、同ページは2017年6月頃に開設したという。

拡散力のあるSNS上で注目してもらえるような、「ベルメゾンがこんなことやってる」という話題性のある企画を目指すとともに、「たくさんの商品の中ではなかなか探し当てられない商品も、何かの形で知ってもらえたらな」という気持ちもありました。

ページのテーマはその時々で変わり、以前は「このためだけに考えられた一芸アイテム」という切り口で、同社の同人誌ラックペンライト収納を掲載していたこともあったそうだ。

意味そのものより「語感」を重視

商品への「ひと言」は、基本的には和田さんが考えているが、商品によっては担当のバイヤーや周りの人にネタを提供してもらうこともあるという。

あまりにも過激すぎるのはNGと思いつつ、印象に残らないのも良くないので、悩みながらつけています。

意味そのものよりも、語感を重視しているような気がしています。

出典:「ベルメゾンネット」HP

出典:「ベルメゾンネット」HP

「ベルメゾンを使うキッカケになれば」

ネット上で話題になり、驚いているそう。

まさかここまで話題になるとは思っていなかったというのが正直な感想です。

思ったことを言語化するのが得意な方ではないので、もっといい言葉があったのでは、というものも多々あり力不足を感じているところですが、賛否両論のなかにも「おもしろい」「くすっと来た」というお声をたくさんいただいており、うれしいです。

ひと言を付けたことや話題になったことによる売り上げへの影響はまだそう大きくないが、こんな思いを「ひと言」に込めているという。

これまであまり接点のなかった方にも、ベルメゾンつかってみようかなと思っていただけると嬉しいです。

「100人いたら誰かはわかってくれるかな」という気持ちで書いています。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング