シェア

銀行の“平日休み”が可能へ…ネット上には「土日に営業して」という声

fotolia

fotolia

「平日の昼間営業」という銀行の常識が変わるようだ。

銀行店舗の「休日規定」を見直しへ

金融庁は5月9日、時代に対応した金融規制の見直し方針として「店舗の休日規定の見直し」などを発表した。

現在、当座預金業務を行っている銀行店舗の休日は法令で「土日祝日、12月31日~1月3日まで」と決められているが、顧客の利便性を著しく損なうことがなければ「承認を受けた日を休日」とすることを可能へ。

ある店舗を月曜・水曜・金曜営業、近くにある別の店舗を火曜・木曜営業にするなど、弾力的な運営を可能にする。

他にも、複数の銀行による共同店舗について「間仕切り等を設けなくてもよい」「別の銀行の業務を実施できる」といった運営基準等の明確化等も行う方針。関係法令等について、パブリックコメント手続きを行った上で改正を行うという。

「フィンテック」時代に対応へ

近年、世界中でIoTやビッグデータ、AIなどの技術を使った革新的な金融サービス「Fin Tech(フィンテック)」を提供する動きが拡大。

ベンチャー企業の成長や非金融事業からの参入による金融の担い手の変化、超低金利や店舗・IT費用の収益圧迫などで、銀行は2025年までに収益の10~40%を喪失する恐れがあると試算されている。

また、既存事業の33%がフィンテックによって代替されるとも予測されている。

このような状況を受けて金融庁などは、フィンテック時代に対応した制度の点検・見直しに着手。関係者から寄せられた要望等を踏まえて、今回の見直しをまとめたという。

2016年には「営業時間」の規制が緩和

銀行の店舗運営に関する規制緩和はこれまでも行われており、2016年には「午前9時~午後3時」としていた営業時間の規制が緩和され、弾力的な設定が可能に。

これにより、地方銀行などの間で、日中にいったん窓口を閉め「昼休み」を取るといった動きが広がっている。

fotolia

fotolia

ネット上には「土日や夜間営業を」という声

金融庁の発表を受けて、ネット上にはさまざまなコメントが寄せられている。「サービス後退だ」と戸惑う声もあるが。

理解を示す声も。

平日に働いている人が利用しやすいように、夜間や土日に営業してほしいという声が多く見られた。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング