シェア

カラオケの鉄人が“月1500円で利用し放題”へ!ネット上は「安すぎ」「自習室代わりに」

出典:「iXIT株式会社」Press Release

出典:「iXIT株式会社」Press Release

月1500円でカラオケが利用し放題になるサービス開始が発表され、話題となっている。

月1500円「カラ鉄ホーダイ」スタート

東京都と神奈川県、千葉県で展開するカラオケボックスチェーン「カラオケの鉄人」は5月17日(木)から、月額1500円で利用し放題となる「カラ鉄ホーダイ」を始める。

iXIT株式会社の定額課金サービス「ファーストパスポート」と提携したサービス。アプリをダウンロードして月額料金を支い、受付時にアプリ画面を提示すれば、1日1回まで室料が全て定額になる。

時間制限はなく、事前予約の必要もない。カラオケだけでなく、休み時間や打ち合わせ、ママ会やパーティなど、ちょっと個室を利用したい機会にも活用できる。

サービスはアプリを持つ本人にのみ適用。ドリンク料金が別となる。金曜・祝前日の21~23時、土曜の15時~17時・21~23時、日曜祝日の14時~17時は対象外だ。

平日夜に月2回2時間利用で62%お得に

例えば、月に2回ほど平日の夜に恵比寿駅前店(東京都渋谷区)を利用した場合、通常なら4000円(1時間あたり1000円×2時間×2回)かかる室料が、カラ鉄ホーダイを使えば2500円(62%)お得に。

平日の昼に週2回1時間、平日夜に週1回2時間、高田馬場店(東京都新宿区)を利用した場合、通常なら3200円(平日昼学割会員40円×1時間×月8回=320円、平日夜学割会員360円×2時間×月4回=2880円)かかる室料が、1700円(53%)お得になるとしている。

ネット上は「仕事に」「自習室に」

カラオケの定額サービスは、さっそくネット上で話題になっている。

他にも「1人カラオケで使い倒したい」「楽器の練習に」「1500円の格安で個室が確保できるのか」「安すぎて心配になるレベル」「仕事に使えそう」「自習室代わりに」「歌わない人にこそ需要ありそう」「毎日通いたい」など、さまざまな声がよせられている。

定額サービスが広がり

近年、定額制サービス(サブスクリプションサービス)が広がりをみせている。

今回、カラオケの鉄人が提携した「ファーストパスポート」は2017年10月のサービス開始以来、月額8600円で1日1杯ラーメンが食べられるサービスや定額ステーキハウスといった活用がなされている。

昨年10月には、東京・池袋に月額飲み放題カフェ「HANDEL’S CAFÉ」がオープン。今年4月には、月4860円(税込)で複数の提携カフェのコーヒーなどが無料で飲めるサービス「CAFE PASS・30CUPS」の会員受付が始まった。

全国に居酒屋を展開するアンドモワ株式会社は今年2月、居酒屋30店で全250種類のドリンクが1カ月3000円で飲み放題になる「月額定額飲み放題サービス」をスタート。取扱い店舗を順次拡大する予定としている。

他にも、ドラマや映画、書籍や音楽、洋服やアクセサリーの定額レンタルなど、さまざまな業種が定額サービスを導入。

アメリカでは、月10ドルを払えば全米の映画館で1日1本映画を観られるサービス「Movie Pass」が人気を集めているという。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング